2017年5月20日

重要なことは12月に今の順位にいること



ガンバ大阪30サガン鳥栖


昼間の試合で浦和が清水と引き分けていたので、
この試合に勝利すれば首位に浮上するというのが、
事前に分かった状態で鳥栖と対峙。

大体、こういう時に限って勝ち点を取りこぼす我が軍ですが、
良い意味で期待を裏切る快勝で、注文通りの首位浮上。

ただ、ACLでは無様な試合を繰り返してグループステージで敗退し、
リーグでもホームで勝ち点を落とす試合がいくつかあったので、
首位のチームという名に相応しい強さを以って、
ここまで戦えている感じがしないというのが正直なところ。

また、毎年、スロースターターがお馴染みになっているので、
この時期に、順位表の一番上に「ガンバ大阪」の文字があることに、
嬉しさと同時に違和感を覚えていたりもするんだけどね。

まあ、本当に大事なのは、34節が終わった時点で今の順位にいることなので、
ここまで結果がついてきているという事実に奢らずに、
地に足をつけて今後のシーズンを戦っていきたいね。



先日の札幌戦後のブログで、長沢の消極的なプレーに苦言を呈したのだけども、
この試合では、面目躍如の2ゴールで、長谷川健太の起用に応えてみせたね。

豊田不在で、クロスがチャンスに結びつかない鳥栖の攻撃を尻目に、
右サイドからのクロスを豪快に叩き込む様は、
まさに長身CFのそれだったわ。

あとは赤﨑にゴールが生まれれば言うことは無いのだけど、
それでも、あの献身的な前線からの守備の貢献度は高いので、
レスターに於ける岡崎のように、お守りとして起用する価値はあるだろうね。

また、昨季のチームトップスコアラーである、
アデミウソンを途中投入するという贅沢な用兵も可能。

さらに、この試合で呉屋が戦列に復帰し、
ここにパトリックが加わるとなると、
シーズン序盤の駒不足が嘘のように、FWが層の厚いポジションになるね。

長谷川健太が、誰を起用するか困るぐらいに、
FW全員が結果を残してくれることに期待したいね。



次節はホームで鹿島との対戦だけど、
鹿島がACLで決勝トーナメント進出したので、7月に延期。

ガンバの次の試合は来月のアウェイの磐田戦まで空くことになるね。

本来なら、ACLの決勝トーナメントを戦っていたかったこの時期に、
小休止状態になるのは悔しさもあるけど、
終わってしまったことは仕方が無いので、
しっかり準備して次の試合に臨んで欲しいと思う。

次の試合から今野が戦列に戻れるとしたら、
これ以上ない”補強”になるんだけど、さてどうなるやら。





にほんブログ村










コメントを投稿