2017年6月17日

神阪ダービー?っていう聞いたこともない試合に勝利したらしい



ガンバ大阪10ヴィッセル神戸


この試合のことを、神戸側は神阪ダービーって称しているみたいだけど、
これって、韓国が”日韓戦”のことを”韓日戦”って呼ぶようなものか。

そんなしょうもないところにこだわっている割には、
ウチにもセレッソにも勝てなかったみたいですがね。



6月末に契約満了で退団することが決まっているパトリックが、
スタメンに名を連ねたこの試合。

先月のU-23の大阪ダービーで公式戦復帰を果たしていたものの、
パフォーマンスは今一つだったとの話だったので、
このままお別れなのかなと思っていたら、まさかの起用だったね。

タイトル獲得に尽力した功労者に対して、
次の所属クラブを探すための就活の場を与えるという意味の、
長谷川健太なりの温情采配でもあるのかなと思うけど、
「噂になっている韓国人選手はいらないよ」っていう、
遠回しのアピールかもなんて思っている自分は邪推しすぎですかね。

そんなパトリックは、体のキレは良さそうだったけど、
裏へ大きく抜け出した場面で決められないなど、
相変わらずのシュート精度の低さを露呈し、結果は残せなかった。

対して、パトリックとの交代で入った長沢が、投入後すぐにゴールを決める様は、
序列が入れ替わった2人のコントラストを如実に表しているかのようだったね。

それでも、ゴールを決めた後、
長沢が真っ先にパトリックのところへ走っていったのには、
この2年間、ポジションを争ったチームメイトとの、
男の友情のようなものが垣間見えて、胸を打たれるものがあったけども。



あと、パトリック以外でこの試合での見どころと言えば、
ガンバから神戸に移籍した大森が、
古巣相手にどんなプレーを見せるかというところもあったと思う。

ガンバ所属時代の大森は、守備面でのタスクが多かったこともあってか、
密集地帯をすり抜けていくドリブルや、パンチ力のあるシュートを、
相手のゴールの近くで生かす機会が少なかった印象があるけど、
神戸では、守備のタスクを軽減されたことで、
オフェンスの中心選手の一人として伸び伸びやっている感じがあるよね。

また、ガンバは、以前所属していた選手に、
”恩返しゴール”を決められることがよくあるクラブだけど、
この試合では上手く大森を抑えることが出来たんじゃないだろうか。

まあ、もともと大森は、あまり”もってる”というタイプの選手じゃないので、
ゴールを決められることは無いんじゃないかと、
根拠も無く思ってはいたけども。

おまけに、試合終了間際には、J1通算550試合出場を飾ったレジェンドに、
直々に削られるという貴重な体験をしたことで、
大森にとって忘れられない古巣との初対戦になっただろうね。



次節は、ホームで川崎と対戦だけど、その前に天皇杯のヴェルスパ大分戦。

まだ6月だというのに、既に天皇杯の話をしているなんて違和感しかないし、
TV中継も無いので、試合内容を知る術も無いけど、
埼玉スタジアムでの元日決勝へ向けて、確実に勝利を掴みましょう。




にほんブログ村











コメントを投稿