2009年2月12日

スコアレスドロー

 
日本00オーストラリア
 
 
今日は、W杯予選の大一番、オーストラリア戦がありました。
 
俺はもちろん、NHK-BS1で観戦。
 
はい、50周年特別記念番組とか銘打って、独りで盛り上がってる
どっかのTV局の中継を見る気は毛頭ありません(-_-)
 
 
あと、TVで見てていつも思うんやけど、6万5000人も入ってるとは思えないほどの
相変わらずの横国の臨場感の無さ。
 
横国はキャパはデカイけど、スタンドとピッチが離れすぎてるし、
スタンドの傾斜も緩いから、TV画面からじゃ
全然応援の熱気とかが伝わってけえへんのよね。
 
やっぱり代表戦は、埼スタか国立やな。
 
 
 
で、試合についてなんやけど、
 
見事にオーストラリアの注文通りの展開になっちゃったなって感じ。
 
オーストラリアはケイヒルの1トップっていう布陣で来たけど、
ケイヒルは本来、最前線で体を張るヴィドゥーカのような選手じゃなくて、
1トップの後ろの1.5列目を本職とする選手やから、
実質、この試合のオーストラリアのスタメンでFWはゼロ…(-.-)
 
そして、日本のセットプレーの時とかは、
前線に1人だけ残して、他の選手は全員守備に戻ってたし、
オーストラリアは、スコアレスドローでOKっていう感じやった。
 
そして、そのピムが描くオーストラリアの思惑に、
見事に日本が引っかかったな~っていう、試合結果やったね。
 
 
日本も日本で、別に誰が悪いっていうわけでも無かってんけど、
全体的に迫力不足っていう印象やったかな。
 
まあ、大久保がオーストラリアの優秀なDFとして、
長谷部のシュートをブロックしたシーンと、
我らが遠藤保仁のミドルシュートは惜しかったけどね。
 
 
この試合の遠藤は、前半は黒子に徹してた感じやったけど、
後半になると、前線にも顔を出すようになって、まずまずの出来やったかな。
 
でも、一つ、今日はセットプレーのキックの精度がイマイチやったような気がする。
1本目のCK然り、直接FKのシーン然り。
 
まあ、こんな日もあるってことかな。
 
 
 
これで、日本は、オーストラリアと勝ち点1を分け合い、
依然2位と順位は変わらず。
 
まあ、ホームでドローっていうのは痛い結果ではあるけども、
アジアのW杯出場枠は4.5あるから、
よっぽどのことをやらかさん限りW杯には行けると思うけどね。
 
 
でも、この4.5っていう、広すぎる出場枠が、
W杯予選やというのに、全然ハラハラドキドキしない原因でもあるように思う。
 
フランスW杯予選の時のような、
「うわっ!!ホームでドローや、どうしよ~!!(>_<)」
っていうような感じが無いしね。
 
少ない切符を懸けて、ライバルと切磋琢磨していた、
一昔前の方が、代表戦を熱い気持ちで観戦してたなぁ~ってしみじみ思ったり…。
 
まあ、FIFAがそう決めたんやから、
しゃあないけどね。
 
 
で、次は3月にホームでバーレーン戦。  

なんか、「またバーレーンかよ」っていう感じやけど、
岡田メガネが監督になってから、バーレーンには2回負けてるし、
ここで勝って、悪いイメージを拭い去りたいところやね。
 
まあ、さっきハラハラドキドキしないって書いたけど、
なんだかんだ言って、代表の試合はちゃんと見ますから、
是非とも勝って、南アフリカへの出場権獲得に近づいてほしいね!!






                     にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
コメントを投稿