2009年2月26日

CHRONICLE 4

 
久々に、サッカーとは全く関係のない話題です。
 
 
俺が崇拝するロックバンド、ラルクアンシエルのPV集、
「CHRONICLE 4」が昨日、発売されました。
 
 
この、「CHRONICLE」シリーズの面白いところは、
一見、ラルクとは何の関係も無いようなVTRの中で、
いきなり曲紹介がされて、PVが流れるというところ。
 
例えば、「1」で言うと、しりとりの中、
「2」は、SF映画の中、
「3」なんか、アメリカの通販番組の中っていう感じで。
 
 
で、今回の「4」では、日本の伝統工芸を紹介するVTR中やった。
 
正直、これには意表を突かれたね。
 
だって、DVDを見始めたら、
いきなり大漁旗の染士とか、銭湯の壁に富士山を描く人とか出てきて、
あまりにもラルクのイメージとかけ離れてたから
最初、「何や、これ?」って変な感じがしたね。
 
でも、それでもちゃんとストーリーになってるし、
伝統工芸の職人たちの技も堪能できたから、
ラルクのPVと併せて一石二鳥(?)やったわ。
 
 
肝心のPVやねんけど、
『DRINK IT DOWN』と『NEXUS4』のPVがカッコ良かったね。
 
ラルクのPVは結構、撮影技術が凝ってるヤツが多いから、
そういう部分を見るのも楽しみの1つ。
 
例えば、『NEO UNIVERSE』みたいに、
当時では珍しいぐらい鮮やかなCGを使ったり、
『瞳の住人』みたいに、フィルムを逆回転させたりとか。
 
でも、俺が一番好きなPVは、『LOVE FLIES』。

画面全体が波打ったりうねったりする感じで撮ってるんやけど、
これが曲全体のミステリアスな感じを一層引き立ててるんよね。
 
初めて見た時は、「これ、どうやって撮ってるんやろ?」って
疑問に思ったもんやわ。
 
 
  
当分は、ラルクとしてのライブやリリースの予定は無いみたいやけど、
これからもファンを楽しませる音楽を創り続けて欲しいね。
 
 
 
 
 
 
 
 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 

 
 
 
 
 
 

 
コメントを投稿