2009年4月15日

来いよモンテディオ、見せてやるよ

 
明後日は、Jリーグ、モンテディオ山形戦です。
 
山形は昇格組ながら、ここまでの総失点が3という堅守と、
そこからの速攻を武器に、2位と躍進中。
 
シーズン開幕前の下馬評を覆す戦いぶりを見せてるよね。
 
 
ガンバはここ最近リーグで勝ててないし、
難しい相手に変わりはない。
 
でも、これ以上シーズン前半のうちに足踏みしてると、
今シーズンの悲願であるリーグ制覇っていうのは厳しくなってくるので、
是非とも勝利して欲しいところやね。
 
そのためにも、前半から
ちゃんと目が覚めてる状態でピッチに入ることが大事やね。
 
 
 
まあ、そんな山形戦なんですが、
 
山形のサポーターは、ガンバに対してどういう感情をもっているかは知らんけど、
ガンバを応援してる立場からすると、相手チームの監督が小林だと、
どうしても意識してしまう部分もあるよね。
 
 
その理由は、ウチのアキラと山形の小林は、
言わずと知れたライバル同士。
 
小林が「ガンバに勝てる」と挑発すれば、
アキラが「調子に乗るんじゃない」と、言い返すような舌戦が、
大阪ダービーが近づくと繰り広げられてたね。
 
その中でも、2005年の天皇杯・大阪ダービーの直前、 
アキラが小林に向けて放った、

「来いよ! 見せてやるよ!」と、いう言葉は
アキラの監督史に残る名言やった。
 
 
でも、山形戦に向けてのコメントは、
どうしてもドSのアキラがドMの小林に対して言ったものとは
思えないほどソフトやねんよね。
「勢いだけではない力を感じる」とか、妙に褒めてるし。
 
小林は、アキラに言い返してもらわれへんから寂しいんと違うかな(^_^;)
 
 
…ん、あれ!? もしかして、これは
アキラの小林に対する褒め殺しプレイか(@_@;)
 
 
なるほど、この説からいけば、ドSとドMのベクトルが成立しますわな。
 
さっすが名将アキラ、この辺も計算に入れてるんやね!
当日は、頼むぜ、アキラ!!
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
コメントを投稿