2010年8月8日

ストライカーハシモト

 
 
ガンバ大阪20サンフレッチェ広島
 
 
 
広島行こうと思えば行けたんやけど、
今月は既に金沢に行っているうえ、万博と瑞穂にも参戦予定なので、
金銭面を考えて泣く泣く断念。
 
大人しくスポーツバーで観戦してました。
 
それにしても、俺がスポーツバーで観戦すると、結構勝率が悪いんやけど、
勝ってくれてよかったわ。
 
 
 
この試合でも、ここ最近の傾向と同じく、前半飛ばし気味に入ってリードを奪い、
後半は、守備的に戦って逃げ切るっていうやり方を、実践してきたね。
 
でも、この試合や山形戦みたく、上手くいけばいいねんけど、
この戦い方で上手くいかなかった場合の最たる例が、
このあいだのマリノス戦やねんよな。
 
もともとガンバって、守備的に戦って逃げ切れるような器用なチームじゃないし、
それこそ鹿島や名古屋相手にこんな戦い方が通用するとは考えにくいから、
もうちょっと90分通して、上手にペース配分をして戦ってほしいもんやねんけど。
 
まあ、今んとここの戦い方で3連勝してるから、
結果オーライではあるねんけども。
 
 
 
とりあえず、この試合の前半は素晴らしかった。
 
効率よくシュート2本で2点取ったし、相手にボールを持たれている時間帯でも、
決定的なエリアでは仕事をさせてなかったしね。
試合を上手くコントロールしてたと思うわ。
 
っていうか、3試合連続ゴールって、橋本は一体どうしたんやろ?
 
今まで橋本が決めるゴールって、結構ビューティフル系なゴールが多かったけど、
この試合の先制点は、クロスが流れたところに飛び込んでくるという、
まさにストライカーのそれやった。
 
もう、この調子でシーズン2ケタゴール目指しちゃいなよ。
 
それにしても、安田のクロスが得点に繋がったのって、
一体いつ振りやろう…?
 
 
 
2点目の槙野のオウンゴールは、0.7点ぐらいは平井のゴール。
 
あの位置でドリブル突破して、深いエリアまで切り込んだら、
もうそれで勝負アリやろ。
 
実際、槙野が触ってなくても、ファーにガンバの選手が詰めてたから、
どっちみち得点になってたシーンやったと思うわ。
 
 
 
後半は、前半と打って変って、防戦一方の展開。
 
ヤバいシーンも何回かあったけど、
中澤と高木のCBコンビは、集中してよく対応してたと思うわ。
 
ただ、無失点で終わったから良かったものの、藤ヶ谷が結構危なっかしかった。
 
不用意なキャッチングミスもあったし、
かつての藤ヶ谷の十八番やった、中途半端な飛び出しも散見されたしね。
 
今季はずっと神降臨の好調を持続してただけに珍しいわ。
 
たまたまこの試合では調子が悪かっただけ…と信じたいね。
 
 
 
次節は、アウェイで仙台戦。
 
その次の鹿島・名古屋との上位陣との対決を、いい形で迎えられるように、
確実に勝っておきたい試合やね。
 
俺は、残念ながら仕事で参戦できないけど、
仕事が終わったら、すぐにスポーツバーに駆けつけて、
仙台に向けて声援を送りたいと思います。
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿