2010年8月29日

磐田に勝って仕切り直し

 
 
先週の日曜、痛恨の敗戦を喫した地、名古屋で、
何か変なものを口にしてしまったらしく、
月曜日から、食中毒で1週間くたばってました。
 
いや~、それにしても、吐き気に下痢に発熱のトリプルコンボは、
身体的にも精神的にもかなりキツかったわ。
 
まあ、もう元気になったんで、ここから俺もガンバもリスタートといきたいところやね。
 
 
 
ガンバ大阪20ジュビロ磐田
 
 
 
シーズン終盤に上位争いに絡んでいくためにも、
絶対に取りこぼせない相手だっただけに、確実に勝ち点3を取ることが出来て良かった。
 
特に、ここのところ調子を落としていた二川と、
ここまでセットプレーで再三チャンスがありながら、
決めることができてなかった高木にゴールが生まれたのが良かったね。
 
橋本の連続ゴールの記録は止まってしまったのは残念やったけど、
今日の試合みたく、普段あまり得点しない人が得点すると、
チームが活性化していくうえでいいんとちゃうかな。
 
もっと言えば、猛烈な追い上げを見せた、昨シーズン終盤のように、
日替わりでヒーローが出てくるのが理想やけどね。
 
 
 
ただ、個人的に残念に思ってるのが、最後の交代のカードが山口だったこと。
 
まあ、体力的に厳しい夏場は、手堅く勝ち切る采配も必要になってくるのは、
十分承知はしているんやけど、それはあくまで1点差の攻防での話。
 
この時点では2点差あったのにも関わらず、わざわざ5バックにしたけど、
別に、山口じゃなくて、佐々木やチョ・ジェジンでも良かったんじゃないかな。
 
確かに、神戸、山形、広島、仙台にはこのやり方で勝てたけど、
鹿島や名古屋には通用しなかった。
 
で、その鹿島と名古屋に通用しなかったやり方で、磐田には勝つことができたけど、
これまたセレッソや川崎に通用するとは思えないんよな。
 
なんか、結局のところ、同じ事を繰り返してるだけのような気がする。
 
まあ、アキラもその辺ちゃんと考えてるやろうから、
どのタイミングで攻撃的にシフトするのか、楽しみではあるけどね。
 
ガンバサポはもちろん、アキラ自身も、
「2点目を取ったら3点目を取りに行く」ガンバが見たいはずやしね。
 
 
 
磐田に勝って、一息つく間もなく、
水曜日にはアウェイでナビスコカップ準々決勝の広島戦、
さらに日曜日には天皇杯と、連戦が控えてます。
 
この試合後から、代表に召集された遠藤と橋本が抜けるから、
戦力的には苦しい状況やけど、代わりに誰が出てくるか楽しみやね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿