2010年8月18日

橋本が呼びこんだ勝ち点1!!

 
 
万博参戦してきました。
 

試合前、二川の300試合出場を祝う、
「こっそり300!!ひっそり400!?」の横断幕にはウケたわ。
 
 
ガンバ大阪11鹿島アントラーズ
 
 
 
前半開始早々、集中力を欠いたプレーからあっさりと失点。
 
こういうリスタートを抜け目無く行ってくるあたり、
鹿島らしいところやねんけども、こういう大一番にも関わらず、
ガンバDF陣の集中力の無さに驚いたわ。
 
まあ、アキラも言ってるように、ボールボーイの球出しも、
びっくりするぐらい早かったけどね。
 
5月に鹿島と試合した時、鹿島スタジアムのボールボーイが、
ビジターチームにボールを返す時、露骨にノロノロしてたし。
 
まあ、あそこまであからさまにやれとは言わんけど、
万博のボールボーイはもう少し狡猾になるべきなんやろうね。
 
 
 
先制点を挙げてからの鹿島は、いつもと同じパターン。
 
のらりくらりとボールを回し、時折転んで時間を稼ぎながら、
カウンターを狙うスタイルへ。
 
一見、失点してからのガンバは攻め込んでるように見えたけど、
決めれそうで、なかなか決めれないあたり、
徐々に鹿島のペースに引き摺り込まれていってるなぁって感じたね。
 
まあ、本音を言えば、イ・グノには1本ぐらい決めて欲しかったけど。
 
1本決めたら爆発してくれそうな気もするねんけど、
今年の春先には、チョ・ジェジンに対しても同じ事を思ってたのに、
結局のところ、1本も決めることができずにここまで来てるからなぁ。
 
とにかく、イ・グノには、早く目に見える結果を残して、
周囲を納得させて欲しいもんやね。
 
 
 
そんな中で、試合の分岐点となったのは、ナカタコの退場。
 
ただ、ガンバって、数的有利になると、相手に合わせてしまって、
アドバンテージを上手く生かせないのはよくあるパターンやから、
必ずしも有利になったとは言い切れんのが心苦しいところやねんよね。
 
多分、俺以外のガンバサポの人も同じ考えが頭をよぎったんちゃうかな。
 
そんなガンバサポにとって、嬉しい誤算が橋本の超絶ぶり。
 
敗色濃厚のチームを救う、5試合連続のゴールなんて、
なんか変なモンでも食ったんちゃうんか?ゴルゴルの実とか?
 
 
 
そんな橋本とは対照的に残念だったのが、佐々木。
 
まあ、擁護すれば、試合勘が鈍っているとか、
クロスを受ける時の中の動きが悪いとか言えるけど、
それを差し引いても、この試合での出来は酷かったわ。
 
次、練習試合とかあったら、猛アピールして、
アキラの信頼を取り戻すしかないやろうね。
 
 
 
まあ、橋本のゴールで引き分けに持ち込んだものの、
勝てなかったっていうのは事実。
 
鹿島から勝ち点2を削り落したっていう表現はできるけど、
上との差を詰めることが出来たわけじゃないからね。
 
だから、次節の名古屋戦は絶対に勝ち点3を取らなアカン。
 
最近、リーグ戦で勝ててない名古屋やけど、
今までは得意としてた相手やったんやし、今年の元日も国立で破ってるから、
絶対に勝てない相手では無い!
 
日曜日は、瑞穂に参戦してきます!!


 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿