2011年2月26日

蹴春到来

 
 
今日、仕事の昼休みを利用して、
来月の埼スタ浦和戦のチケットを買いに行ってきたんやけど、
昼の12時30分時点でビジター自由席が売り切れてました。
 
一般発売開始初日やのに、いくらなんでも売り切れるの早すぎるやろ。
皆、どんだけ埼玉の赤いチーム好きやねん。
 
こんなことになるんやったら誰かに頼んどくべきやったなぁ、
久し振りにチケット関係でしくじったわ。
 
まあ、今更グダグダ言ってもしょうがないし、
ガンバのアウェイゲームを、ゴール裏以外から見るっていう、
貴重な経験ができるって開き直っときますわ。
 
それに、こういうトピックスが出てくるあたり、
いよいよJ開幕が近付いてきたなって感じがするね。
 
まあ、横浜の小机あたりでは、一足早く蹴春が到来したようやけど。
 
 
名古屋グランパス11鹿島アントラーズ
          PK(
 
 
タイトルマッチとは言え、比較的プライオリティの低い大会ということもあってか、
両チームともシーズン中に見られるような手堅い試合運びじゃなくて、
結構オープンな試合をしてたかなと思う。
 
それでも、両チームの得点の内訳が、どちらもセットプレーからってのが、
らしいところではあったけども。
 
それにしても、野沢のFKは素晴らしかったな。
 
今年の元日の国立でもFKからゴールを決めてるし、
最近の、野沢のキック精度の高さには目を瞠るものがあるね。
 
ガンバも、去年、カシマスタジアムで野沢にFK決められてるから、
今年の対戦ではおとなしくしといてほしいもんやわ。
 
 
 
セットプレーと言えば、名古屋も藤本っていう、
プレイスキックのスペシャリストを獲得したのは大きいね。
 
先制点を挙げた増川を始め、ただでさえも名古屋は長身選手が多いだけに、
それをさらに生かせる藤本の存在は大きいと思うわ。
 
まあ、藤本を褒めといてなんやけど、この試合でのMOMは楢崎やと思う。
 
PK戦で3本も止めるあたり、代表を引退してもなお、
日本屈指のGKであることを証明したね。
 
 
 
ゼロックスが終わり、いよいよ、来週から喜怒哀楽の忙しい1年がスタートします。
 
今年はどんなシーズンになるんやろうか、
できれば、12月3日の日本平での試合後、笑っていれたらいいなと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿