2011年5月30日

俺たちは中村憲剛のワンマンショーを見に来たんじゃない。

 
等々力行ってきました。
 
 
ガンバ大阪12川崎フロンターレ
 
 
中村憲剛の2ゴールに関しては、文句のつけようが無いゴラッソやった。
 
川崎のサポーターからすれば、よくわかんないPKで先制を許すものの、
チームの大黒柱の活躍で、後半ロスタイムに劇的勝利を収めるっていう、
マンガみたいな試合やったから、わざわざ豪雨の中、
見に行った価値のある試合やったんじゃないかな。
 
その反面、ガンバの体たらくぶりときたら、
まるでこないだのACLのセレッソ戦から、
さらに劣化してるんじゃないかと思わせるぐらいの酷さやった。
 
まあ、あの時とは違い、PKとはいえ得点を挙げることができたけど、
実際、あのPKに繋がるファウルは、イ・グノのファウルだったと思うしね。
 
 
 
今のガンバの課題は、守備よりむしろ攻撃だっていう意見が多いけど、
攻守どちらにおいても、中盤の運動量が足らんかなっていう気はする。
 
この試合でも、川崎の選手の方が1人多いんじゃないかっていうぐらい、
中盤でボールを奪えないもんやから、攻撃の開始位置が低くなってしまい、
結果的に、センターサークル付近でボールを受けた宇佐美かアドリアーノが、
カウンターで長い距離をドリブルする形でしか、攻撃の形が作れない。
 
まあ、それでもこの形から、後半ロスタイムに決定的なシーンは作ったけど、
まさかあれをアドリアーノが決められないとは思わんかった。
 
あれが決まってれば、その後に川崎サポに訪れる歓喜は、
ガンバサポに訪れるはずやったのにね。
 
 
 
ただ、いくらアドリアーノが決定機を外そうが、
遠藤と明神が低調なプレーに終始しようが、
アキラに彼らを外す勇気が無いのは、周知の事実。
 
だからと言って、後半の頭から投入した佐々木を、
後半終了間際に横谷と代えるのは、采配的にも何がしたいんかよくわからんし、
選手の感情の扱いがぞんざいすぎると思う。
 
実際、交代させられた佐々木が、ベンチに戻らずに、
そのままロッカールームに戻っていく一部始終をスタンドから見てたけど、
遠目に見ても、怒りや不満が滲み出てるような雰囲気やったしね。
 
これで変な遺恨が生まれんことを祈るわ。
 
 
1週間で2試合も酷い試合を見せられてしまったけど、
代表の試合がある関係で、来月の清水戦まで2週間ほど空くので、
その間に、この2試合で見えた課題の修正と、体力の回復に努めてほしい。
 
今年は、震災の影響で7月の中断期間が無くなったから、
この2週間がもつ意味は、例年以上に重要になってくると思うね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2 件のコメント:

もっせ さんのコメント...

憲剛凄かったですね。とても不思議な試合でした

マケレレ さんのコメント...

もっせさん、コメントありがとうございます。

確かに不思議な試合でしたね。あんなに決められる気しかしないFKも初めてでした(苦笑)