2011年5月8日

メルボルンにアウェイでドロー

 
 
メルボルン行ってきました!!


とりあえず、この記事では試合の事を書いて、
街の様子とかは、また別で観戦記を書きたいと思います。
 
いくらゴールデン・ウィークとはいえ、
メルボルンまで来ているガンバサポーターは少ないやろなと思ってたけど、
去年のラウンド16の城南戦の時の倍はいたと思う。
 
帰りのシドニーの空港で、サッカーの応援とは別で、
メルボルンに旅行しに来た親子と話す機会があったんやけど、
メルボルンの観光業者の人は、「今年のゴールデンウィークはガンバ大阪様々ですよ」
って言っていたそうな。
 
どうやら、地震による自粛ムードの影響で、
今年のゴールデンウィークに日本からオーストラリアに来る人は、
例年の半分近くまで落ち込んだらしいけど、ガンバサポが多数メルボルンに来たおかげで、
メルボルンだけ逆に観光客が増えたらしい。
 
俺たちは、好きでオーストラリアまでガンバの試合を見に来てるだけやのに、
知らないところで、役に立ってるんやなと思ったね。
 
 
 
ガンバ大阪1メルボルン・ヴィクトリー
 
 
 
まあ、試合自体の事は、もう4日も経ってるし、
TVで見てた人の方が詳しく書けるやろうから、その辺は割愛して、
応援席の様子を書きたいと思います。
 
ガンバのオフィシャルでは、入場ゲートが8番って書いてたのに、
8番じゃ手荷物検査が出来ないからという理由で、
急に7番に変更になったりするあたりは、さすがACLアウェイといったところ。
 
それに、全席指定席チケットなもんやから、サポーターグループの人たちが、
現地の日本人の人たちに説明して、応援するスペースを作ってもらったり、
いつもとは違うやりにくさを感じたね。
 
あと、ガンバの応援席に何人かオーストラリア人が入ってきたから、
最初は、冷やかしにでもきたのかなと思ってたんやけど、
アデレードやシドニーFCのサポーターやった。
 
特に、あの#18バレーのユニフォームを着ていた兄ちゃんは、
クラブワールドカップの時にも、日産に来てたね。
 
まあ、いつも通りのガンバのチャントを歌ってても、
この人たちが勝手に違う応援を始めるから、まとまりには欠けてたんやけど、
「ガンバ、ガンバ大阪、ガンバ!!」と「ガンバ大阪、オレ!!」は、
ほぼ毎回一緒にやってくれるし、外人の声のデカさもあり、すごい声量やった。
 
後半40分ぐらいに、中澤が応援にビックリしたような顔で、
ガンバの応援席をチラ見したのが印象的やったね。
 
ガンバとアデレードが試合してから、もう3年経つのに、
未だに彼らはガンバの事を気に掛けてくれているのは、素直に嬉しかった。
 
そのお返しにじゃないけど、俺もまたアデレードが日本で試合する事があったら、
行ってみようかなと思ったね。
 
 
 
試合の方は、惜しくもドロー。
 
交代枠を使い切った状況で、高木が負傷退場したり、
帰国して知ったけど、ガンバは体調不良者が多かったらしいし、
これで勝ち点1をもぎとれたのは、大きかったと思う。
 
済州が天津に負けた事で、次節ガンバが天津に勝てば、
まだ1位通過の可能性は残されているから、次のホームでの試合は、
絶対に勝たなアカンね。
 
ラウンド16の5月24日はすでに休みを取ってるので、
是非ともガンバには1位通過を決めてもらいたいわ。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
コメントを投稿