2012年6月17日

中断期間は明けても、ガンバの夜は明けない



ガンバ大阪12浦和レッズ


石垣島でキャンプをやったはずなのに、
試合内容が中断期間に入る前とさほど変わらないのは何故?

監督も替えたし、選手も替えた。

あと、ガンバにできることがあるとすれば、キャンプぐらいだったんやけど、
それも成果が出ないと来れば、サポーターは一体何に期待すればいいんやろうか。

そんなすぐにキャンプの成果を求めるのは間違ってるのかもしれんけど、
今のガンバにそんな悠長な事を言ってるような余裕は無いと思うんやけどね。



雨の降りしきる万博のピッチで、
パウリーニョのクロスバー直撃のシュートを進軍の合図に、
前半から試合の主導権を握ったガンバ。

1.5列目の中途半端なポジションを取るパウリーニョを、
浦和の守備陣が捕まえ切れずに、その後も何度もミドルシュートから、
加藤が守るゴールマウスを脅かしてたね。

ただ、馬鹿の一つ覚えみたいにミドルシュートを打ちまくってたせいか、
プレーが読まれるようになって、徐々に攻撃のブレーキになってしまった。

それにも関わらず、そんなパウリーニョを90分間ピッチに残して、
二川と倉田を交代させた采配は理解に苦しむ。

特に、二川は右サイドでボールをキープして、内田の上がりを促すことで、
これまで左サイド一辺倒だったガンバの攻撃にアクセントを加えていたのに、
ハーフタイムで交代させたせいで、
後半から右サイドからの攻撃があまり見られなくなった。

横谷やスンヨルの投入も狙いがよくわからんかったし、
選手交代でみすみす相手に主導権を渡してしまった格好になったね。



守備に関しては、代表帰りの今野がベンチだったことで、
CBのコンビは中澤と金正也やったわけやけど、
今野がいないので、いつもよりライン設定は高いように見えたね。

ただ、中澤も金正也も“使われる側”のCBなので、
ラインコントロールに長けているわけじゃない。

幸い、この日はオフサイドを多く取れていたけど、
狙ってオフサイドを取ったっていうより、
たまたまオフサイドを取れたように見えるシーンが多かったから、
上手く抜け出されてたら2失点どころじゃ済まなかった。

それにしても、今野を使えなくても、“使う側”のCBやったら、
丹羽がいるはずなのに、なんでベンチにも入って無かったんやろ?



本来なら、ロスタイムに勝ち越しゴールを奪われて負けなんて、
はらわたが煮えかえるぐらいムカツクことやと思う。

それにも関わらず、柏木の左足アウトサイドでのパスが梅崎に渡った瞬間、
「あぁ、またか」って思ってしまった自分が嫌や。

先日の鳥栖戦や、長居での大阪ダービーでも、
この試合の結末と同じような光景を見せられたし、
この既視感が悔しいという感覚をマヒさせてるんだろうか。



次節はアウェイで札幌戦。

こんな状況やけど、札幌ドームに馳せ参じます。

敗戦続きで悔しさの感覚がマヒしている俺に、
勝って喜ぶ感覚を思い出させて欲しいです。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿