2012年6月24日

わざわざ札幌まで行った甲斐があった



札幌行ってきました。


札幌には、去年の8月にも代表の日韓戦で来たけど、
あの時と比べてドーム周辺の盛り上がりに欠ける感じが、これから行われる試合が、
17位と18位の試合だっていうことを物語ってるようやったわ。

でも、ドームの中では、久し振りに歓喜を味わう事ができたから良かったね。



ガンバ大阪40コンサドーレ札幌


J1の18チームの中で、札幌はガンバより下の順位にいる唯一のチーム。

札幌のサポーターに対して失礼な書き方になるけど、
この試合に勝たれへんかったら、一体どこのチームに勝てるねんって思ってた。

それだけに、試合が終わってからは、嬉しいっていう感情よりも、
安堵の感情の方が大きかったね。



前半開始早々から試合の主導権を握って、敵陣に攻め込んだのはガンバ。

オウンゴールっぽいパウリーニョのゴールと、
倉田の豪快なミドルで幸先良く2点を奪う事ができた。

こう書くと、理想的な展開と思われそうやけど、
ここまでは今までのガンバでもできていた展開。

むしろ、ここからどう戦うかが重要やったわけやね。

でも、そんな心配は杞憂だとばかりに遠藤がFKをゴール右隅に決めて、
前半で試合の大勢を決めてくれた。

これまでのガンバの戦い方を見る限り、まだ安心はしたらアカンのやろうけど、
この日の札幌には、後半勝負を決め込んで前半は沈黙していた、
鳥栖のような不気味さは感じられなかったから、前半で勝利はほぼ確信できたね。



ただ、ここ数試合の慣習に違わず、この日も後半にトーンダウンしたガンバ。

ボールは相変わらずキープできているけど、どうも攻めあぐねている感じで、
不用意なボールロストからカウンターをくらうシーンが散見されたね。

それでも、この日決まったゴールは全て対岸だったので、
手前のゴールネットが揺れるところを見たがっていたガンバサポは、
俺だけじゃなかったはず。

でも、そんな気持ちとは裏腹に気がつけば時間は後半ロスタイム。

そんなガンバサポの心情を察したのか、武井がミドルシュートを突き刺して、
ガンバサポにこの日最後の歓喜をもたらしたところで、試合終了。


終わってみれば、4-0という大差がついたけど、
ガンバがすごく良い試合をしたのかと言われれば、それは違うと思う。

札幌の選手のマークが緩くて、2列目の二川と倉田は前向き放題やったし、
遠藤の縦パスも面白いように通ってたしね。

それに、札幌のGKは、チームが負けているのに、
やたらゴールキックに時間を掛けたりして、勝つ気があるのかどうか疑わしかったわ。

他所の心配をしているほど今のガンバに余裕は無いけど、
今の札幌の状態は、ガンバ以上に酷いっていうのが、
この試合の端々に表れていたね。



ただ、そんな札幌に勝っても1勝は1勝。

自分が観戦した試合やと、去年の最終節の日本平以来、
7ヶ月ぶりの勝利だったので、久々に歌う、
「いつ~までもずっと~」は、すごく気持ち良かった。

前回の勝利から7ヶ月我慢させられてきたから、
これからの7ヶ月で、何度もこの勝利の凱歌を歌えるように、
勝利を積み上げていってほしいね。

次節の対戦相手の名古屋は、中断期間でのキャンプが上手くいったのか、
最近好調やけど、ここを叩いて波に乗りたいところやね。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿