2012年6月19日

レアンドロ・モンテーラ・ダ・シウバ



アル・サッド(カタール)所属FW レアンドロ選手 期限付きにて加入のお知らせ


公式でのリリースにもあったように、レアンドロのガンバ復帰が決定したね。

以前、ガンバに所属していた2009年シーズンは、21試合で11ゴールという結果を残し、
その活躍を目にした中東のクラブに目を付けられ、
8月にガンバから旅立って行ったレアンドロ。

神戸時代は得点を量産するタイプじゃなかったから、
ガンバに移籍してきた時は、正直、あまり期待してなかったのを覚えてるわ。

どっちかって言うと、大宮にいた、
DFの方のレアンドロが良かったなって思ってたぐらいやったし。

それが蓋を空けると、公式戦で9試合連続ゴールを決めるなど、
力強くガンバの攻撃陣を牽引してくれた。

特に、ACLアウェイの山東魯能戦で、遠藤が退場になって数的不利の状況で決めた、
値千金の決勝ゴールが一番印象に残ってるね。

2トップのパートナーだったルーカスと、
プレーエリアが被るという問題も引き起こしていたけど、
それでもこれだけの結果を残した事は称賛に値するわ。

幸い、今のガンバにはレアンドロとプレーエリアが被る選手は見当たらないから、
2009年シーズン以上の活躍を期待したいところやね。



ただ、懸念材料を挙げるとすれば、今のガンバは2009年シーズンと比べると、
著しく中盤の構成力が低下している事。

以前のガンバでは、前へ走れば良いパスが出てきたけど、
これからは個人で局面を打開する力が求められるやろうと思う。

でも、レアンドロって、どっちかっていうと周囲との連携で輝くタイプやから、
無理な要求を押し付けることになりそうな気もするんよな。

そう考えると、今のガンバにマッチするのって、
レアンドロよりむしろアドリアーノじゃないかって思ってしまうんやけども。

あと、故障を抱えているっていうのも気になる点やね。

その故障の影響で昨年末のクラブに出場できなかったり、
アル・サッドからアル・ラーヤンにレンタル移籍したわけやから、
考慮せざるを得無いポイントではあると思うわ。



現在のガンバが直面している問題に対する解答が、
レアンドロで正解なのかどうかはわからないけど、今は藁にもすがるような思いやから、
レアンドロが救世主となってくれることを祈るのみやね。

ただ、試合に出場できるのが7月20日以降ってのが厳しいところ。

ガンバとしては、一時面接で即採用して、
今すぐにでも仕事してもらいたい感じやねんけどね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿