2014年11月29日

大鳴門橋の向こうにシャーレが見えた



ガンバ大阪31ヴィッセル神戸


残り1節というところで遂に首位浮上。

埼玉スタジアムで浦和に勝った時点で、
ガンバが神戸と徳島に勝つものだという前提で、
浦和がどこで星を落とすか考えていた人も多いと思う。

まあ、正直、俺もそのうちの1人やったわけやけど、
今月の仙台戦で起こったような事が、
神戸戦でも起こるんじゃないかという不安もどこかにあったんよね。

そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは、
水曜日の天皇杯で長い眠りから目を覚ました宇佐美だった。

試合の序盤こそ神戸にペースを握られる時間帯があったけど、
今季の黄金の脚賞に輝いた、東口をはじめとした守備陣の奮闘でこれを跳ね返すと、
宇佐美が前半37分と後半4分にゴール。

天皇杯の清水戦から中2日の過密日程で迎えたこの試合やったけど、
清水相手に得た良いイメージを、神戸相手に体現するには、
これぐらいの試合間隔がちょうど良かったのかもしれない。

2点とも素晴らしいゴールやったけど、
圧巻だったのは、前半43分のパトリックのゴールをアシストしたプレー。

左サイドからドリブルで切れ込むと見せかけて、
2人のDF間にパスを通して、パトリックへの完璧なお膳立てをしたわけやけど、
ドリブルのステップと同じ足の動きから放たれたパスに、
神戸の選手はタイミングが掴めずに反応できていなかったね。



ところが、3点目を挙げてから気持ちが緩んだのかペースを落としたのか知らんけど、
神戸に攻め込まれる場面が増えてしまった。

小川に1点を返され、その後も神戸ペースというのは変わらなかったけど、
この試合はこれ以上失点しないだろうなという気持ちがあったんよね。

だって、得点を期待されて後半から投入されたはずのペドロなんとかさんが、
試合が止まる度にヘラヘラと笑いながら遠藤と談笑しているだもん。

消化試合モードに突入して、
試合へのモチベーションの持って行きどころに苦労するのはわかるけど、
1点返した後、喜びもせずに走って自陣に戻って行った小川が不憫に思えてしまったね。



次節は徳島とアウェイで対戦。

自力で優勝を決められるところまで来たわけやけど、
まだ何も勝ち取っていない。

2007年の浦和のような事が、ガンバに降りかからないとも限らないけど、
この試合を見る限り、選手はしっかりと地に足を付けて戦ってくれそう。

来週は、キャプテン遠藤が高々とシャーレを徳島の空に掲げる瞬間を、
目に焼き付けてきます。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿