2015年1月17日

ブリスベンの観衆がイラクに送る声援は日本の誇りである



日本10イラク


先日のパレスチナと比べれば簡単な相手じゃなかったとは思うけど、
あれだけ攻め込んでおいて1点しか取れなかったっていうのは物足りない。

本田のシュートが3回もポストを叩き、
「これが本当のポストプレイヤー」っていう、
くだらない冗談も言いたくなるような不運が重なったのを差し引いてもね。

ただ、この試合で唯一の得点を挙げたのも本田。

PKでの得点ではあったけれども、ここ数年、日本のPKキッカーを務め、
最後にPKを外したのは4年前という高い成功率は、
素直に称賛してもいいんじゃないかな。



そんな本田のPKに繋がったファウルを呼び込んだのは、
この試合で代表通算キャップ数150を記録した遠藤のパスからだった。

1年間で行われる代表の試合って、多くても15試合ぐらいやと思うけど、
MFという消耗の激しいポジションで、
それに10年以上出場し続けるというのは快挙の一言。

ただ、ガンバサポとしては、ブラジルW杯が終わって、
ようやく遠藤がガンバに専念してくれるって喜んでいただけに、
複雑なところではある。

でも、パレスチナ、イラクと、それほどタフな相手じゃないのにも関わらず、
遠藤がベンチに下がると、ボールが回らなくなるのを見ると、
まだまだこの人の存在価値は高いんだなと再認識させられてしまうんよね。

以前にも同じ事を書いたけど、
柴崎君はいつになったら遠藤からポジションを奪ってくれるんだろうか。



オーストラリアのブリスベンで行われたこの試合は、
イラクがゴールに迫ると観客が沸くという、
日本にとってアウェイな雰囲気の中での試合だった。

韓国や中国のような反日感情の高い地域ならともかく、
オーストラリアの観光都市で何故?って気もしたけど、
おそらく、この試合でスタジアムに詰めかけた観客は、
過去4度のアジアカップで3度優勝の実績を誇る日本に対し、
イラクが一泡吹かせるのを期待していたんじゃないかな。

バイエルン・ミュンヘンのスローガンに、
「君達が我々に向ける憎悪は我々の誇りだ」という言葉がある。

日本をバイエルンに例えるのは畏れ多い気がしなくもないけど、
アジアという舞台に於いて、日本は嫌われるほど強くなったんだなというのは、
誇りに思っていいことじゃないかな。

そんなアジアでの地位を確固たるものにすべく、
この大会では連覇を達成しないといけないね。

そのために、次節、ヨルダンを確実に降して、
決勝トーナメントへの切符を手に入れて欲しいね。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ









コメントを投稿