2015年3月23日

今野ありで今季のこれまでの試合をやり直したい



甲府行ってきました。




ガンバ大阪20ヴァンフォーレ甲府


ガンバにとっての魔境と言えば味の素スタジアムやけど、
ここ、山梨中銀スタジアムにもあまり良いイメージが無いんよね。

もしかして、飛田給から電車で1時間半ほどしか離れていないから、
魔力が山梨県にまで及んでいるなんてバカな話が存在するのだろうか。

奇しくも、どちらのスタジアムも、
根城としているチームのチームカラーが青赤だったりするし。

ただ、こちらとて3月の公式戦を未勝利のまま終えるわけにはいかないので、
そんな苦手意識などは記憶から抹殺しておきたいところ。



・・・だったはずが、前半早々に明神が故障でピッチを去ることに。

キャンプ中に故障し、戦線離脱していた今野が、
この試合からベンチに戻ってきていたので、
「まさか、もう出番が来るのか」と思っていたら、
スクランブルで投入されたのは倉田。

倉田は、明神のいた位置にそのまま入り、
遠藤とダブルボランチを組む形になったけど、
これがあまり機能せず、甲府に押し込まれる展開になってしまった。

まあ、明神が故障する前から流れはあまり良くなかったけどね。

ただ、新戦力の小椋がフィットに時間を要していて、
ボランチのバックアップが不足する中、
長期離脱ってことになったら、これは結構キツイなと。

ましてや、ポジションは違うとはいえ、
今はオ・ジェソクも故障で欠場中なので、
これ以上選手層が薄くならない事を祈るわ。



前半のうだつの上がらないパフォーマンスを見て、
業を煮やした長谷川健太は、後半から、大森に代わって今野を投入し、
倉田を1列前へ押し上げた。

すると、この采配が見事に的中。

練習試合もこなさず、
ぶっつけ本番で復帰した今野が八面六臂の働きを見せて中盤を活性化すると、
それに呼応するように前線が躍動し始めた。

阿部とパトリックが連続で決定機を外した時は、
決められるところで決め切れず、逆にやられるパターンも頭によぎったけど、
その後もガンバの勢いは止まらず。

左サイドからのクロスを宇佐美がボレーシュートしようとして失敗し、
ファーサイドに抜け通ってきたボールを、
阿部が左足でダイレクトに蹴り込み、ガンバが先制。

阿部は、先のシュートシーンで力み過ぎてフカした事を反省し、
左足で丁寧にコースを狙ってシュートした感じやったね。



阿部のゴールが決まり、「♪ガンバ、ガンバ、もっといったれ~♪」と、
左右に移動しながら歌ってたら、
息つく暇もなく、今度は宇佐美のミドルが甲府のゴールを射抜いてみせた。

ちょうど、自分の目の前で振られていた大きな旗がブラインドになって、
どんなゴールだったのか、現地ではちゃんと見えなかったんやけど、
帰宅してJリーグタイムのダイジェストで確認。

バイタルエリアでDFを動かしてシュートコースを作り、
速い足の振り抜きでシュートするという、宇佐美の真骨頂のようなゴールやった。

チームのパフォーマンスが上がってくると、
宇佐美のこういうゴールが増えてくるよね。

あと、阿部のゴールも宇佐美のゴールも、
今野のパスカットが起点になっているところは特筆すべきところやね。


この試合を見て認識させられたのは、
ガンバって、いつの間にかこんなに今野に依存していたんやなって事。

移籍してきた2012年シーズンは、
降格の戦犯とも言える酷いパフォーマンスに終始し、
J2で戦った2013年シーズンになっても、なかなかチームにフィットせず、
さらには降格圏を彷徨った2014年シーズンの序盤には、鬱状態に陥った今野。

その頃は、今野がガンバでここまで代えの利かない選手になるとは、
思ってもみなかった。

今野には、しばらく休んでた分、ここから大暴れしてもらいたいところやねんけど、
こんなタイミングで代表に召集されてしまうのが心配やねんよな。

1月のアジアカップ期間中でも故障離脱しただけにね。

今野と一緒に代表に召集されている宇佐美、藤春、東口ともども、
ケガ無くチームに戻ってきてくれることを祈るばかりです。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ












コメントを投稿