2015年3月29日

代表キャップ1という僅かでも大きな一歩



日本20チュニジア


日本代表がハリルホジッチ体制に代わって迎えた初戦。

前任のアギーレとはやり方は多少異なると思うけど、
堅守速攻というコンセプト自体は踏襲する形になるのかなと思う。

対戦相手のチュニジアは、FIFAランクで言えば、
日本よりも格上やけど、日韓W杯で勝利したイメージが強いし、
その後の対戦でも全勝しているから、正直、格上感は無い。

そんなチュニジアと相対する日本代表のメンバーの中には、
なんと藤春の名前が。

ザッケローニの時みたく、Jリーグで目立った活躍をした選手を、
代表に呼ぶだけ呼んどいて、結局起用しないパターンなのかなと思ってたけど、
まさか先発起用で来るとは思ってもみなかった。

まあ、長友がケガで代表に召集されていないし、
FC東京の太田宏介もケガを抱えているというのもあって、
上手い具合に藤春にチャンスが転がり込んできたね。

思えば4年前、Jリーグでのデビュー戦となったアウェイでの福岡戦で、
プレッシャーで前日から腹痛に襲われ、
肝心の試合も前半で交代させられた前科のある選手だけに、
どうなることやらと思っていたけど、
意外にもソツなくこなしている藤春の姿がTV画面越しにあった。

スペースへ走り込んでもなかなかパスが出てこなかったり、
シュートを宇宙開発したりする場面はあったけども、
代表デビュー戦としては及第点のパフォーマンスだったんじゃないだろうか。

これまで、世代別の代表ですら縁の無かった選手だけに、
今、代表チームで受けている刺激は相当なものがあると思う。

この代表での経験をガンバに持ち帰って、
一皮むけた藤春の姿を見てみたいなと思うね。



そして、ガンバサポとしてはもう1人触れておかないといけないのは宇佐美。

まさか、藤春に代表デビューを先越されるとは思ってもみなかったけど、
こちらは、後半途中からピッチに立つと、
デビュー戦とは思えないぐらい堂々としたパフォーマンスで、攻撃陣を牽引。

特に、惜しくもゴールは決まらなかったけど、
後半44分に香川のスルーパスを引きだした動きは、
ガンバで見たことの無い素晴らしいものやった。

「その動きをガンバでもやれ」と言いたくなるけど、
今のガンバは2列目に良いパスの出し手がいないから、
どうしても宇佐美がポジションを下げて、
そういう役割を担わなければいけないところもあるんよね。

二川と一緒にプレーする機会が増えれば、
こういう場面ももっと増えてくるかなとは思うね。

ただ、いつもはシュート外した後、長い時間ピッチに寝転んでいるけど、
この試合ではすぐに起き上がっていたね。

その動きに関しては、今すぐに実践してもらいたいところやわ。



次戦は火曜日にウズベキスタンと対戦。

スタメンの大幅入れ替えを示唆しているそうなので、
これまで代表に召集されるものの、出場機会の無い東口にも、
出番が回ってくると良いなと思う。

そして、宇佐美には、次こそ代表初ゴールを決めてもらいましょう。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ









コメントを投稿