2015年4月2日

味の素スタジアムに響いたポパイ・ザ・セーラーマン



日本51ウズベキスタン


「うさーみたーかーしー オオ うさーみたーかーしー
うさーみ ゴール うさーみ ゴール うさーみたーかーしー」

ポパイ・ザ・セーラーマンのメロディに乗せて歌われる宇佐美貴史のチャントを、
知らないガンバサポーターはまずいないだろう。

宇佐美が中学生の事から歌われているこのチャントを、自分が初めて聞いたのは、
7年前、和歌山の紀三井寺陸上競技場で行われた、
ガンバユースと京都サンガユースの試合でのこと。

その時は10人程度のガンバサポーターが歌っていた宇佐美のチャントは、
時が経つにつれ、ガンバ大阪のトップチームの試合で毎試合大合唱されることになり、
そして、ついにガンバサポーター以外のサッカーファンも集う、
日本代表の試合会場で歌われることになった。

もっと早くこの光景が見れると思っていただけに、
随分待たせやがったなというのが正直な感想。

これからも、運動量云々、守備云々、色々言われ続けるやろうけど、
今は、俺達の宇佐美貴史が日本代表で踏み出した一歩を、素直に祝福したいと思う。



先日のチュニジア戦から大きくスタメンを入れ替えたり、
FKからの得点が少ない事を受け、FKを色んな選手に蹴らせてみたり。

これまでの代表監督は、親善試合で大勢の選手を招集するものの、
結局、試合に出るのはいつものメンバーっていうパターンが多かったので、
ここまでわかりやすく色々と試しているハリルホジッチのやり方は新鮮に映るね。

結局、この2試合でフィールドプレーヤーは全員起用したけど、
我らが東口の出番は今回も訪れず。

まあ、1つしか無いポジションだけに、出場するのがなかなか難しいとは思うけど、
今の日本代表のGKには、絶対的な存在はいないと思っているので、
クラブチームで結果を残し続ければ、
ハリルホジッチならきっとチャンスは与えてくれると思う。

と、言うわけで、さっそく、今週の金曜日から活躍の方お願いします。



この2試合で大胆な選手起用が目立ったハリルホジッチやけど、
特に水本のボランチ起用には驚いた。

解説の都並の話では、アルジェリア代表を率いていた時も、
CBの選手をボランチで起用し、
相手チームのFWが下がってボールを受けに来た時は、
マンツーマンで付くような守り方をしていたらしいので、
ハリルホジッチの中ではスタンダードなやり方みたいね。

同じタスクなら今野もこなせると思うけど、
あまり代表での稼働が高くなってくると、
ガンバの試合に影響が出そうなので、そこは心配なんよな。

特に、先日の甲府戦では、その存在の大きさを再認識させられただけにね。



柴崎のゴールが決まって日本に3点目が入ったあたりから、
ウズベキスタンが戦意喪失状態に陥ったので、
後半の最後の方は、日本の力量を計るのには参考にならないと思うけど、
とても好印象な試合だった。

過度の期待は禁物やけど、監督の戦術の引き出しも多そうだし、
これからどういうサッカー見せてくれるのか楽しみにしたいね。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ










コメントを投稿