2015年4月30日

消耗戦の後に残ったのは達成感というより安堵感



ガンバ大阪10松本山雅


前半の早い時間に宇佐美の先制ゴールが決まった時は、
もうちょっと楽に試合を進められるかなと思ったんやけど、
パトリックや遠藤に訪れた決定機を決め切れなかったことが、
試合終盤の苦しい展開に繋がってしまったね。

思えば、ちょうど2年前の4月に、万博で松本と対戦した時も、
前半の早い時間にオウンゴールで先制するも、
追加点を奪えずにいるうちに、後半に押し込まれたっていう展開だったな。

奇しくも2年前と同じように、
アルウィンでの松本戦も9月に組まれているので、
こちらで2-2のドローまで再現するっていうのは遠慮してもらいたいところやけども。



この試合のスタメンで目を引いたのは何と言っても井手口陽介。

トップチームでの公式戦出場は、
昨年のナビスコカップグループリーグ鹿島戦以来やったわけやけど、
あの時は前半で交代させられてるんよね。

この試合の井手口も、パスミスが多くて、
手放しで褒められるような内容ではなかったけど、
鹿島戦の時と違って、今のチーム状態が良いということもあって、
積極的に前線に飛び出していく動きも見られたりして、
ミスを恐れず思い切り良くやってるなという印象を受けた。

後半15分ぐらいで交代になったけど、
過密日程の中で今野に休息を与えるというミッションには成功したと思う。

飛び級でトップチームに昇格したという事実が証明するように、
ポテンシャルは確かなものをもっているんやから、
この調子で、徐々に出場機会を増やしていって欲しいね。



あとは、後半の松本の猛攻を凌ぎ切った守備陣を称えたいところ。

松本の攻撃は、オビナ目掛けたキックアンドラッシュという愚直なスタイル。

この、オビナに入るロングボールを、丹羽と、
負傷の岩下の代わりに起用された金正也がきっちりと跳ね返してくれたことで、
オビナを危険な位置から追い出し、
中盤に下がってボールを受けさせるように仕向けたのはGJやった。

それでも、岩上に、ミドルシュートや、
至近距離でヘディングシュートを見舞われる場面があったけど、
ここは我らが守護神・東口の好守でゴールラインを割らせなかった。

3月末に召集された代表から帰ってきて以来、
パフォーマンスにムラがある試合が続いた東口やけど、
湘南戦あたりから完全復活したっていう感じやね。

ただ、この試合に関しては、東口だけじゃなく、
相手GKの村山も素晴らしかったというのも書いておく。



新潟戦の後も同じ事を書いたけど、
こういう、内容の良くない試合でもきっちりと勝ち点3を獲れるという事は、
チーム力の高さの証明でもある。

そして、中2日で迎える次節は、アウェイで浦和との首位攻防戦。

さらにそこから中3日でACLグループリーグ突破を懸けて城南と対戦するという、
痺れる試合盛り沢山なゴールデンウィークやね。

ただでさえもDF陣に故障者が相次ぐ中、
この試合で米倉までもが負傷してしまうという緊急事態やけど、
総力戦で埼玉から勝ち点3を持って帰って来て欲しいと思います。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿