2015年7月20日

中村俊輔の引き立て役になってしまった遠藤保仁



ガンバ大阪22横浜F・マリノス


中村俊輔が今なお世界最高峰のフリーキッカーであることを、
試合終了間際のドロー決着という痛みを以って証明させられた試合だった。

身長192cmの長沢がジャンプしている上から落としてゴール左上隅なんて、
どんなスーパーなGKでもノーチャンスやろ。

試合前には、俊輔と遠藤のフリーキッカー対決みたいな煽りが見られたけど、
ウチの遠藤さんは、前半にあったゴール正面からの絶好のFKのチャンスを決められず。

それどころか、試合終了間際には、
クリアに行こうとして空振りした足が相手選手に当たってしまい、
俊輔の同点FKに繋がるファウルも献上してしまう始末。

この試合に関して言えば、俊輔の方が1枚も2枚も役者が上だったね。



前節、名古屋相手に前半で2点リードしながら、
後半に逆転されるというショッキングな敗戦を喫したことで、
そこで得た教訓を生かしたかったこの試合。

前半の早い時間帯に、遠藤→宇佐美→パトリックという見事な崩しで、
幸先良く先制点をゲットし、さらに、後半に入ってからは、
倉田のシュートが宇佐美に当たってコースが変わって、
ゴールマウスに吸い込まれるという運もあって、
一時は2点リードを奪うことに成功。

丹羽がアデミウソンをきっちりと封じ込め、
大森と倉田の両翼も献身的な守備で何度もボールを奪い返すという姿からは、
前節と同じ轍は踏まないという強い意志が感じられ、
「この試合は大丈夫そうやな」と思った。

ところが、そんな状況を一変させたのが、
パトリックを下げて長沢を投入するという采配。

おそらく、連戦の疲労を考慮してパトリックを下げたんやろうけど、
長沢は、パトリックよりも身長が高いものの、
パトリックのようなスピードもパワーも無いから、
敵陣へ長いボールを蹴って、相手のDFラインを下げさせること
(通称:パトリック大作戦)ができなくなる。

これにより、マリノスのDFラインは高い位置を保つことができ、
コンパクトになった中盤がセカンドボールを拾いまくって、ガンバを押し込みはじめ、
対するガンバは、DFラインを上げられず、
終始受けに回るという状況が出来上がってしまった。

そんな状況でアデミウソンが1点返し、
千両役者が登場するためのお膳立ては出来上がり。

その後に起こった事は、冒頭に書いたとおりです。



前節、そして今節と、2点リードを守り切れなかったわけやけど、
チームとしてのパフォーマンスはそこまで悪いとは思わないんよね。

むしろ、監督の采配の方に疑問符が付くというか。

この試合では、パトリックに代えて長沢を投入する以外にも、
ハーフタイムでオ・ジェソクを米倉に代えるという交代もあったけど、
これは本当に必要だったのだろうか。

確かに、この試合のオ・ジェソクは試合勘の鈍りからか、
イージーなミスが多かったけど、まだ許容の範囲内だったように思う。

夏場の試合はどうしても終盤に足が止まる選手が増えるので、
貴重な交代枠をこんなところで使わなくても良かったんじゃないかな。

もしかしたら、選手にも調子の良し悪しがあるように、
監督にも調子の良し悪しがあるのかもしれない。

曲がりなりにも、昨季、3冠を達成した監督さんなので、
自身の采配の不調を打開するための策ぐらい、
いくつも持ち合わせていると信じていますが。



次節は万博で鳥栖戦。

夏場に中2,3日間隔で7連戦というだけでもタフな日程なのに、
フィジカルゴリ押しの鳥栖が相手なんて二重苦やわ。

でも、このままズルズル行ってしまうと、
チャンピオンシップ出場が危うくなってくるので、
ここらへんで悪い流れを断ち切って欲しいね。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村








コメントを投稿