2015年7月26日

メモリアルマッチクラッシャー・ガンバ大阪、この日も任務完了



神戸には前もって忠告しとけば良かったんやろうけど、
ガンバ相手に「○○周年メモリアルマッチ」っていうのは、やらない方がいいよ。

何か、いつものエンジ色とは違う、黒いユニフォームを作ったみたいやけど、
ウチはその手の接待試合で空気を読んで負けるっていうのは、
どうも苦手みたいなんで。

ただ、この日のガンバは相手に華を持たせる優しさはあったみたいね。

名古屋や浦和は5-0でフルボッコにしたのにさ。


ガンバ大阪21ヴィッセル神戸


この試合でも、ここ最近の試合の流れに違わず、
前半に遠藤のゴールで先制しておきながら、
前半のアディショナルタイムにセットプレーから追いつかれる展開。

それでも、後半の宇佐美のゴールで勝ち越した後は、明神を投入して守備を強化し、
さらに試合終盤には形振り構わずコーナーキープをして、
なんとか逃げ切ることに成功。

3戦ぶりの勝利という事で、ようやく悪い流れを断ち切ったと言いたいところやけど、
10人の相手にここまでやらないと勝てないのかという意味では、
チームを覆う停滞感を払拭できたとは言い難いね。

中2日というエクスキューズはあっても、
もうちょっとやれたんじゃなだろうかという感じは少なからずある。



それでも、ガンバの2得点は両方とも金を払って見るに値するゴールだったと思う。

遠藤のゴールは、相手GKの山本のポジションがやや前目であることを確認し、
FKを蹴るような感じでゴール左上隅に蹴り込んだミドルシュート。

ここ最近、遠藤のミドルシュートって見る機会が少なかったけど、
彼の視野の広さを改めて認識する事になった見事なシュートやったね。

宇佐美のシュートは、遠藤のヒールでの落としを、
ミドルレンジから決めたものやったけど、
DF2人につかれてシュートコースが限られている中、
トーキックでGKのタイミングを外して際どいコースに決めた、
とても難易度の高いシュートだった。

ただ、このゴール以外でも、シュートに持ち込める場面は多かっただけに、
試合運びを楽にするために、あと1本決めておきたかったところじゃないだろうか。



次節はアウェイで新潟と対戦。

攻撃のタレントは例年以上に揃っているものの、
守備陣の不振から降格圏に沈んでいる新潟やけど、
ここ2試合は、鳥栖、山形相手に連勝して復調傾向にあるので、
油断はできない相手やね。

それに、1stステージ終了後にはリーグ最少失点という称号を得たガンバやけど、
ここ最近の試合では毎試合のように失点していて、
そんな風格は感じられなくなっているので、
新潟の前線とまともに組み合うのは危険。

でも、そこは、ウチの守護神の東口が、
古巣相手に神懸かり的なパフォーマンスを発揮して、
久々の完封勝利へ導いてくれることを期待します。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿