2015年8月10日

勝ち点2の最下位なんて結果じゃ何の手土産にもならない



日本11中国


ここでガンバの選手を使わないでくれたら、
明後日のスルガ銀行CSに代表組を何人か出場させられるなと思っていたら、
まさかの4人も出場。(しかも4人ともフル)

それにも関わらず、今まで嘲笑の対象ですらあった中国にすら勝てず、
今大会を最下位で終えるという屈辱。

本来なら喜ぶべき丹羽と東口と米倉の代表初キャップを、
素直に喜べない自分がいるわ。

と、いうわけで、倉田と藤春は明後日のスル銀、頑張ってください。



丹羽を右SB、米倉を左SBという、
ハリルホジッチは本当にJリーグの試合で、
何を見てこの2人を代表に選んだんだというような布陣で始まったこの試合。

山口ではゲームメイクができないのは分かり切っているのにも関わらず、
柴崎をスタメンから外した事で、試合の組み立てができる選手がおらず、
キックオフ直後からピンボールみたいにボールが落ち着かない展開が続き、
ズルズルと押し下げられるDFライン。

すると、日本の左サイドからピッチを横切るようにボールを動かされると、
ファーサイドでフリーになった選手に決められ、先制点を献上。

最後は丹羽が付き切れなかったところはあるけど、
その前のパスを出した選手のところに4人でボールを奪いに行っているのにも関わらず、
あっさりとパスを出させてしまったのは如何なものだろう。

その後にも、失点には繋がらなかったけど、一発で裏を取られる場面もあり、
2点目を取られるのも時間の問題かなという感じだった。



ところが、まだ前半で1点しかリードしていないのにも関わらず、
中国が自陣に引き籠ってカウンターモードに切り替えてくれたおかげで、
日本がボールを持てる展開になったね。

そして、生まれた、赤武藤の同点ゴール。

1試合目の北朝鮮戦の時にも見せた、サイドからのクロスをワンタッチで決める、
彼らしいゴールやった。

あと、この同点ゴールをお膳立てした米倉は、
本職ではない左SBで起用されていたけど、
90分を通して攻守に奮闘していて非常に良かったと思う。

先の韓国戦でも良い動きを見せた倉田共々、
次回の代表招集にもお呼びがかかりそうな気がするけど、
ガンバサポとしてはそれもそれで複雑だったりするんよな。



前半のうちに同点に追いついたことで、
後半の勝ち越しに期待したいところやったけど、
結局、勝ち越しゴールは生まれず。

決定機らしい決定機は、永井のチェイスからボールを奪って、
武藤がGKと1対1になった場面と、
試合終了間際に遠藤がニアで合わせたFKぐらいかな。

それ以外にも、カウンターのチャンスが何度かあったんやけど、
1つもチャンスに結びつかなかったのは残念でならない。

まあ、元からピッチの状態が悪く、後半になって雨が強くなってきたことで、
ボールコントロールが難しい状況ではあったけど、俺の知っている日本は、
このカテゴリーではしっかりとボールを繋いで戦えていたと思う。

日本が世界と戦うには堅守速攻じゃないと戦えないというのは、
ハリルホジッチの意見に同調できる部分ではあるんやけど、
ただ足が速いだけ選手とか、ただ運動量があるだけの選手を起用して、
日本が今までできていたことを放棄するのはナンセンスじゃないだろうか。



試合終盤は、中国がお家芸とも言えるラフプレーを仕掛けてきたけど、
1人もケガ人を出すことなく、
無事に試合を終えることが出来たのは、不幸中の幸い。

ただ、東アジアカップという、どうでもいいタイトルとは言え、
1勝もできずに最下位という結果はあまりにもいただけない。

Jリーガー中心で構成された代表が、
日本のアジアでの地位を落としてしまったので、
今月から再開されるACLでは、
日本勢ここにありというところを見せつけないといけないね。

まあ、それは、今大会で代表に召集された6人ならよくわかってると思うけど。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村








コメントを投稿