2015年8月27日

アウェイで価値あるドロー・・・と思っておく



ガンバ大阪00全北現代


前日に柏が広州恒大相手にホームで蹂躙される様を見た後だと、
全北は随分組み易い相手に思えたんやけど、結果はスコアレスドロー。

アウェイでドローに持ち込んだと言えば聞こえは良いものの、
守備に関しては、よく守ったというよりは、全北の決定力不足に助けられた感が強く、
攻撃に関しても、カウンターがほとんど決定機に結びつかないなど、
決定力が問われるようなところまでボールを持ち込めないという有様。

そんなガンバの決定機と言えば、宇佐美がピッチの中央からドリブルで駆け上がり、
左足でシュートするも相手DFにブロックされた場面ぐらいやったけど、
その宇佐美は黄紙を貰って2ndレグは出場停止とのこと。

なんというか、明日の朝のスポーツ新聞に、
「宇佐美、夫人の妊娠発表も不発」みたいな記事が載っているのが、
今から予想できてしまうのが悲しいところやわ。



試合前にこの試合のポイントとして挙げられていた、
累積警告で出場停止の今野の代役やけど、
井手口という話が出ていたものの、蓋を開けてみると明神というチョイス。

明神は、元ガンバのイ・グノに頭突きを食らい、流血しながら奮闘していたけど、
個人的には、井手口を起用して欲しかった。

結局のところ井手口は、
まだ長谷川健太の信頼を勝ち取るところまで行けてないってことなんやろうけど、
後半から途中出場して、中盤で落ち着いてボールを捌いている姿を見ると、
このアジアでのステージでも十分やれると思うんやけどな。

あと、米倉がケガなのか、ベンチにも入っておらず、
代わりに右SBで出場したのは、なんと丹羽。

代表では右SBで起用されているけど、
そもそも1対1に強いタイプの選手じゃないし、
足もお世辞にも速いとは言えないので、
相手の10番、レオナルドとのマッチアップはかなりヒヤヒヤした。

それでも、李東国のシュートを顔面でブロックしたりと体を張って頑張っていたけど、
そもそも、ベンチに本職SBのオ・ジェソクがいるのに、なぜ丹羽だったんだろうか。

宇佐美の左サイド起用と言い、長谷川健太は、
ハリルホジッチから選手起用について何か言われているのではと邪推してしまうわ。

まさか、どこぞの関西の港町のクラブ(杜の都の野球チーム)のオーナーみたいな真似を、
一国の代表監督がやってるなんてことないよね?



この試合の攻撃陣のパフォーマンスを見る限り、
2ndレグに向けてポジティヴになれないところはあるけど、
柏が広州相手に大敗を喫し、ACLベスト4進出が厳しくなったので、
Jリーグ勢の威厳を守るためにも2ndレグは絶対に勝たなければならない。

2ndレグから今野が戻ってくるので、
攻守の切り替えを早く、良い守備から良い攻撃をという点を強く意識して、
宇佐美不在の穴を全員で埋めるようなサッカーで、
ACLベスト4進出を決めて欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿