2015年9月1日

急に涼しくなったのは"秋"の季節が来るからってことでいいですか?



ガンバ大阪10湘南ベルマーレ


2ndステージに入ってから毎試合のように失点し、
リーグ最少失点を誇っていた1stステージの面影はどこへやら・・・
っていう感じの我らが守備陣でしたが、ここに来て公式戦3試合連続完封。

井手口を投入して遠藤を1列前に上げ、
金正也を投入して米倉を1列前に上げたりと、
この日の選手交代は、1点を守り切るぞという、
長谷川健太のメッセージが明確に表れていたね。

やはりこのチームが苦しい時に立ち返るところは、
攻撃ではなく守備なんだなというのを再認識させられた3試合だったように思う。

ただ、ガンバというチームは、攻撃的なサッカーでタイトルを勝ち獲ってきた成功体験と、
守備が崩壊してJ2に降格した失敗体験の両方を持っているから、
どういう胸中で守備偏重の今のチームを見ればいいのか難しいんよな。

攻撃力で相手を圧倒して勝利するような試合を見たいと願う一方で、
守備陣には0で抑えて欲しい。

うーん、つくづくサポーターは贅沢な生き物です。



前節から中7日の湘南と、ミッドウィークにACLを戦った関係で、
前の試合から中3日のガンバ。

コンディションの差は明白なので、早い時間帯で先制点を奪って、
優位に試合を進めたいなと思っていたところに、倉田が注文通りの先制ゴール。

攻撃的なポジションで起用されているのにも関わらず、
今季まだノーゴールだった倉田が、
シーズンの4分の3が終わった時期にようやく今季初ゴール。

パトリックが粘って繋いだボールを引き取り、
ドリブルで持ち込んでGKの股下を抜く技ありのシュートやったけど、
あれは狙ったのか偶然だったのか、どっちなんやろ?

まあ、どっちにしろ、例年より早めに秋の季節が始まったということで、
ここから倉田秋の爆発に期待しましょう。



次節はここに来て6連勝中の鹿島とアウェイで対戦するわけやけど、
その前に名古屋とナビスコカップやね。

広島との試合を見る限り、名古屋のチーム状態は悪そうやけど、
ガンバは、湘南相手にMOMの活躍を見せた東口をはじめ、
宇佐美、丹羽、米倉と、代表に4人が招集されてしまったので、
そこの穴がどう出るかという感じかな。

まあ、東アジアカップに6人招集された時点で、
今回のW杯予選にも何人か呼ばれる事はある程度予想できたことなので、
普段ベンチのメンバーはこの機会に備えてきっちり準備してくれていると思います。

かつてガンバに、攻撃サッカーでタイトルを獲得した成功体験を与えてくれた敵将に、
ガンバのチーム力を見せつけて、準決勝に駒を進めて欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿