2015年9月3日

カンボジアのGKがシンガポールのGKより少し下手だったから勝てただけの話



日本30カンボジア


最近の日本代表の戦いぶりを見ていて、
「日本代表の試合を見に行こう!」ってなる要素って少ないと思うんやけど、
それにも関わらず、平日の夜に2階席まで埋まった埼玉スタジアムを見ると、
日本代表戦って、まだまだ魅力的なコンテンツなんやなと再認識させられる。

そんなスタジアムに駆けつけた多くの観客の期待に応えるためにも、
圧倒的な力の差を見せつけて勝たなければいけない試合だったはずなのに、
6月のシンガポール戦の続きを見ているかのような試合展開に、
思わず頭を抱えてしまった。

本田の先制ゴールが決まっていなかったら、
シンガポール戦の二の舞になっていてもおかしくなかったと思う。
(その本田のゴールもカンボジアGKのミスと言っても過言じゃなかった)

昔からW杯予選は内容よりも結果と言われるけど、
この段階で「勝つには勝ったけど・・・」みたいな試合をしていて、
W杯本番どころか、最終予選を勝ち抜けるのか、先が思いやられるわ。



この試合の中継で解説を務めていた岡田武史が、早々に遠藤の名前を出したように、
ボランチがこのチームの大きな課題のように思う。

パッと見、ボールを圧倒的に支配して、シュートまで持ち込めているから、
日本は良いサッカーしているように見えるけど、
緩急が無く、ずっと同じリズムでパスが回り、
最終的には右サイドの本田のところ展開されてくるってパターンばかりやから、
カンボジアも日本の攻撃は読み易かったんじゃないだろうか。

だからといって遠藤を代表に復帰させろと言うわけは無いけど、
とりあえず、あの、JFLのチームに負けたJ2のチームで主将を務めているらしい、
変な髪形のボランチを起用するのはやめようか。



後半から武藤に代わって宇佐美が途中出場してからは、
ちょっとだけ力を入れて試合を見ていたけど、
シュートチャンスはあったものの、結局ノーゴールに終わってしまった。

ガンバでもそうやけど、左サイドから得点に絡むイメージが、
自分の中で確立できていないように見えるね。

この試合で歌われていた、
若干、テンポがズレた宇佐美のチャントがしっくりこなかったように、
宇佐美のプレー内容にもしっくりこない感じが否めないわ。



次戦は中立地のイランでアフガニスタン戦。

来週末に、リーグで好調の鹿島との一戦が控えるだけに、
ここに来ての中東遠征はあまり嬉しくないけど、
こればっかりは文句を言ってもしょうがないからね。

日本代表の勝利と、
ガンバの選手達がケガ無くチームに戻ってきてくれることを祈っています。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村









コメントを投稿