2015年9月23日

サッカーの素晴らしさを再認識する為に勝ち点2を払ったと思っておく



日が空いてしまって今更感はありますが、
松本行ってきました。



ガンバ大阪11松本山雅


激闘のACLから中3日、夏の戻りを思わせるような炎天下、
そして、ガンバが苦手とする深い芝。

こういう試合こそ早い時間に先制点を奪って、
試合の主導権を握りたかったはずなのに、
その先制点を逆に奪われているようでは、苦しい試合になることも必然。

前半の早い時間でスコアが動いたと言うこともあり、
山雅が追加点を狙い来てくれたら、こちらとしても組み易かったんやろうけど、
残留争いの渦中にいる敵将・反町監督は、
野球で言うところの「スミイチでの逃げ切り」を狙ってきたことで、
敵陣にスペースが無くなってしまった。

それにしてもこの人は、新潟の監督をやっていた時から、
ガンバと対戦すると、ハイプレスからのサイドチェンジを徹底してやってくるよね。

この試合でも例に違わなかったわけやけど、
相手が何を仕掛けてくるのかミエミエなのにも関わらず、
注文通りに失点してしまうウチの守備陣もどうかと思うけども。



この試合の1トップにはパトリックではなく赤嶺が入ったわけやけど、
相変わらず、欲しいタイミングでボールが出て来ず、
パトリックのように前線の競り合いにも勝てずで、
同点に追いつかなければいけない状況の中、攻撃の基点になれていなかった。

開幕当初ならともかく、シーズンも佳境に入っていく中で、
ここまでフィットしていないとなると、起用することも躊躇われるわ。

この試合の1枚目の交代カードは井手口を倉田に代えた交代やったけど、
個人的には、赤嶺をパトリックに代える交代を、
1枚目に持ってきても良かったんじゃないかと思っている。

井手口に関しては、
これ以上の失点は許されないと言うところからの交代やったんやろうけど、
自陣のミスが散見されたものの、前線に飛び出したり、激しい守備を見せたりと、
積極的にプレーしていたので、もうちょっと長い時間見たかったな。

まあ、井手口自身、この試合は不完全燃焼やったと思っているやろうし、
次の出場機会ではこの鬱憤を晴らすようなプレーを見せてくれると期待してます。


試合は結局、後半アディショナルタイムに、
宇佐美のクロスを倉田がヘディングで決めて辛うじて勝ち点1を獲得。

土曜日に3位のFC東京が負けた事で、
ここで勝って、チャンピオンシップ圏内の3位に浮上したかったところやったけど、
足踏みしてしまった格好やね。

まあ、残りの試合をFC東京が全勝するとも思えないので、
勝ち点差が1縮まったことをポジティヴに考えますかね。

松本での勝ち点1を無駄にしない為にも、
次節のホーム柏戦は勝利してほしいところです。



最後に、

一昨年は試合のチケットが取れなかったので、
松本に行くのは今回が初めてやったわけなんやけど、
ここを訪れた人たちが総じてもう一度行きたいと言うのが納得出来る場所だった。

アルウィンという箱自体が素晴らしいのはもちろんやけど、ゴール裏だけでは無く、
スタジアム全体、街全体で地元のチームを後押ししている雰囲気は素晴らしかった。

今回、僕はメインスタンドでの観戦やったけど、近くに座っていた山雅のサポーターも、
自分の応援しているチームだけでなく、宇佐美や遠藤のプレーも楽しんでいて、
サッカー自体を楽しんでるというのがすごく伝わってきたね。

なんというか、サッカーというスポーツの素晴らしさを再認識した松本遠征でした。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村














コメントを投稿