2015年8月2日

恥を晒しにわざわざ中国まで遠征している我らが日本代表です



日本12北朝鮮


前半の早い時間帯に幸先良く先制しておきながら、
その後に何度か訪れた決定機を決め切れずにいるうちに、
後半に前時代的なキックアンドラッシュから2失点を喫して逆転負け。

日本がアジアのカテゴリーでここまで試合を支配されたのは、
今までに記憶に無いっていうぐらい酷い試合やった。

その、試合を支配された相手が、韓国やオーストラリアといった、
アジアの中でも強豪国と言われる国ではなく、
格下と見れなければ世界と戦えないレベルの北朝鮮だったという事実に、
思わず目を背けたくなるわ。



自分がガンバサポだから贔屓目に見てしまうところはあるんやけど、
この試合の宇佐美は交代させるべきではなかった。

北朝鮮は、やはり左サイドで起用される宇佐美のことを研究してきていたようで、
左SBの藤春のところに集中的に長いボールを送ることで、
藤春の前にいる宇佐美の守備の時間も増やし、
宇佐美をゴールから遠ざけようという狙いに見えた。

それでも、この日の宇佐美は、長い時間守備に駆られながらも、
パスやミドルシュートで決定機を作っていたし、コンディションは良かったと思う。

ただ、宇佐美の完璧なお膳立てを外した永井には、思わず、
「お前はパトリックか!」って言いそうになったけど。

冗談はさておき、後半の早い時間帯に宇佐美を交代させたのは、
日本の左サイドを集中的に狙われていることに対するケアだったのかなと思うんやけど、
宇佐美がいなくなったことで、相手を押し込めなくなり、
逆に、日本の劣勢に拍車を掛ける結果になってしまった。

ガンバでも、宇佐美やパトリックを、「守備しないから」という理由で下げた後に、
相手を押し込めなくなって、劣勢に立たされる光景ってたまに見るしね。

そもそも、守備が不得手の宇佐美をサイドで使うよりも、
献身的にサイドを上下できる武藤をサイドで起用して、
トップ下のポジションで宇佐美にある程度自由を与えた方が、
この布陣では機能するんじゃないかと思うんやけど。

まあ、試合後のインタビューでフィジカルが敗因云々言っている監督が、
どう思っているのかは知らないけど。



この試合の収穫らしい収穫と言えば、
選手がケガしなかったことぐらいなんだろうけど、
この大会って、男女共に同じスタジアムで全試合するんよね。

1試合目の時点でもピッチコンディションがそれほど良さそうに見えなかったのに、
3試合目の頃には芝の状態はどうなっているのかなんて、考えたくもないわ。

個人的には、さっさと中国から引き揚げてきて、
来週のスルガ銀行チャンピオンシップに出場して欲しいんやけどね。

まあ、多分それは無理やろうから、この調子であと2試合、
ケガ無くお勤めを果たしてきてください。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村









コメントを投稿