2015年8月6日

そもそも北に負けている時点で南に勝てると思わない



日本11韓国


ショッキングな敗戦を喫した北朝鮮戦から、
スタメンを5人入れ替えて臨んだ韓国戦。

ガンバサポとしては、代表デビュー戦となった倉田に注目して見たいところやったけど、
倉田がどうこうっていうよりも、1トップの興梠に当てるでもなく、
サイドを崩してクロスを上げるでもなく、シンプルに裏を狙うでもなく、
チームとしてどうやって攻撃しようとしているのかが全然見えてこない前半やった。

そういうことなら、さぞかし韓国に押し込まれたのだろうと思いきや、
あちらさんも前にデカい選手を置いて、放り込んでくるだけの大概なサッカーに終始。

ところが、そんな見え見えの攻撃パターンにも関わらず、
森重がペナルティエリア内でのヘディングの競り合いの際にハンドを犯し、PKを献上。

このPKを決められて先制を許してしまった。

TVの画面に森重が映ると、
「空中戦に絶対的な強さを誇るDFリーダー」っていうスーパーが表示されるけど、
今大会で日本が喫した失点には、全て森重の競り合いが絡んでいるというのは、
なんとも皮肉な話だ。



今日も敗色濃厚かなと思っていたら、
セットプレーで単純に前に放り込んだボールが日本の選手に渡り、
これを倉田が山口蛍に流すと、右足一閃。

これがゴール左隅に鋭く突き刺さり、同点に追いついてしまった。

素晴らしいシュート・・・と言いたいところやけど、
ガンバサポとしてコイツを褒めるのは癪なので、
下手クソの山口でもあれだけのシュートが打てるパスを出した、
倉田が素晴らしかったということにしておく。



後半に入ると、日本は布陣を4-2-3-1から4-1-4-1へ変更。

この布陣変更により、中盤のインサイドハーフに入った柴崎が、
低い位置でCBからの球出しを引き取って、
捌いて前へ行くという動きを繰り返すようになった。

そして、倉田が前線でスペースを見つけて走り込み、
受け手として機能し始めたことで、
日本がボールを支配する時間が長くなったね。

ただ、ボールは持てていたけど、
決定的なチャンスはどちらかというと韓国の方が多かったんじゃないだろうか。

その理由は、右サイドの永井、
そして、その永井と交代で出てきた浅野が、
日本のパス回しのリズムに入れてなかったからかなと思う。

まだ若い浅野はいい勉強になったで済ませられるけど、
永井の足下の技術はもうちょっとどうにかならんのか。

自分でボールを前に出してヨーイドンしか芸が無かったら、
ベテランになってスピードが衰えてきたら相当厳しいと思うわ。



残り15分というところで宇佐美が投入されたけど、
見せ場らしい見せ場は訪れず、ドロー決着。

まあ、北に負けている時点で南に勝てないと思っていたので、
ドローでも及第点といったところかな。

次戦の相手は中国ということで、ラフプレーへの注意はもちろんのことやけど、
男女ともに全ての試合を同じ会場で行う今大会の、最後の試合ということで、
ピッチの状態がかなり悪くなっていると思われるので、
ケガには本当に気をつけて欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村










コメントを投稿