2015年8月17日

飛田給で東アジアカップの続きを見ることになるとは思ってもみなかった



飛田給行ってきました。





ガンバ大阪12FC東京


幸か不幸か、昨年の三冠達成の影響で例年以上に過密日程の今季のカレンダーで、
唯一とも言っていい、相手より有利な日程で迎える今節のリーグ戦。

の、はずが、そんな日に限って、
伏魔殿・味の素スタジアムで試合を組まれているとは、日程君は性悪すぎる。

さらに、そこに監督の迷采配も加われば、勝てる試合なんて存在しないですわ。



試合の入りは、ガンバがボールを保持してシュートまで行く場面が見られたけど、
敵将のフィッカデンティは、この日のガンバの布陣が、
宇佐美と藤春を左サイドで縦に並べる形だと確認すると、
ガンバの左サイドへ展開して攻撃を仕掛ける形にシフト。

これがハマり、結果的にこの試合のFC東京の2得点を始め、
ガンバの左サイドからチャンスを多く作られてしまった。

まあ、2点ともハンドの見逃しがあったから、
主審の扇谷に文句の一つや二つも言いたくなるけど、
思えば、今季の開幕節も、
宇佐美のドリブルがサイドラインを割っていたのにも関わらず攻撃が続き、
パトリックのゴールが決まったっていう事もあったし、
巡りに廻って、ここで帳尻を合わされてしまったと開き直るしかないのかね。

ただ、昨季のオーストラリアリーグMVPのネイサン・バーンズは、
思っていた以上に良い選手だったということは特筆しておく。



それにしても、長谷川健太は、
宇佐美の左サイド起用をいつまで続ける気なんだろうか。

まさか、スタンドにハリルホジッチがいたから、
代表の真似をして宇佐美を左で使ってみたなんて、
そんなバカみたいな話無いよな?

そもそも、ガンバのサイドハーフは、
攻守にハードなアップダウンを繰り返す必要があるから、
スタミナに乏しい宇佐美には不向きやし、
それに、あれだけのシュートセンスを持つ選手を、
ゴールから遠ざけるってことも含めて、ナンセンスやわ。

まあ、宇佐美をトップの位置に置くと、宇佐美にパスを出せる選手がいないから、
宇佐美を2列目で起用しているっていうのが本当のところなんやろうけど、
それだったら二川を使えよって、自分は何度もここで書いてきた。

先週の火曜日のリーベル戦での二川を見て、
長谷川健太は何も感じなかったんだろうか。


こうして、また一つ、鬼門に負の歴史が刻まれてしまった。

倉田の見事なシュートがポストを叩いたり、
パトリックが、またも絶好機を決められなかったりと、
勝てる要素が無かったわけではないので、悔やまれる敗戦やね。

次節は万博での清水戦という事で、
相手の順位を考えると確実に3ポイントを取っておきたいところやけど、
清水はなんだかんだで前のタレントは揃っているからなぁ。

ガンバは2ndステージに入ってから失点が多いので、
そこは心配なところではあるね。

ただ、ここは、長谷川健太と岩下が、古巣相手に気合いの入った采配とプレーで、
チームを勝利に導いてくれると思います。
(岩下は気合いの入り過ぎでカード貰わないように)




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村









コメントを投稿