2016年1月17日

タイのジーコが率いるタイのメッシを擁するチームは大したこと無かった



日本40タイ


フィジカルを生かし、ロングボールで直線的に攻めてくる北朝鮮と比べ、
小柄でテクニカルな選手が多いタイは対照的な相手。

ただ、解説の人間力が言っていたように、タイのテクニックは、
中盤でのみ発揮され、ゴール前で相手に脅威を与えるようなものでは無かった。

それに加え、ゴール前で高さを武器に勝負できる選手や、
遠目から狙ってくるようなパンチ力のある選手もいないので、
日本としては組み易い相手だったんじゃないだろうか。

試合前は、タイでのプレー経験がある岩政が楽観ムードに警鐘を鳴らしていたけど、
正直なところ恐れるに足らない相手だったと思うわ。



先日の北朝鮮戦からスタメンを6人入れ替えるなど、
既に決勝トーナメントを見据えた戦いをしている手倉森。

この試合でスタメンに抜擢された選手の中では、
試合を決める2点目のゴールを挙げた矢島のパフォーマンスがとても良かったと思う。

まあ、北朝鮮戦で同じ右サイドのポジションを務めていた、
なんとかさんの出来が散々だったので、
余計に良く見えたって言うのもあるんやろうけど。

浦和は、今季、京都から駒井を獲得していたけど、
生え抜きの若手にこれだけ活きの良いのがいるんだったら、簡単にレンタルに出さずに、
もうちょっと辛抱して起用してやってもいいんじゃないかとも思ったね。

逆に期待外れだったのは、左SBの亀川かな。

前半の早い時間に、不用意なボールロストからピンチを招いたり、
後半も、ペナルティエリア内の軽率なチャージでPKを取られたりと、
結果的に相手のミスに救われて失点には至らなかったけど、
不安定なパフォーマンスだったと言わざるを得ない。

勉強不足で、普段、福岡でどういうプレーをしているのか知らないけど、
今回の代表に選ばれているという事は、それ相応の実力を持った選手だと思うので、
次にピッチに立つときには自分の持ち味を発揮できるように頑張って欲しいね。



これで日本はリオ五輪予選の決勝トーナメント進出が決定。

ただ、決勝トーナメント初戦の対戦相手は、
イラン、カタール、シリアと曲者ぞろいのA組なので、
タフな戦いになる事は間違いないやろうね。

次戦も、この試合と同様にスタメンを何人か入れ替えてくる事が予想されるけど、
ガンバサポとしては、まだ一度もピッチに立っていない井手口が見たいところ。

そろそろ遠藤航を休ませてもいいと思うんですがね、手倉森さん?



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村










コメントを投稿