2016年1月23日

リオデジャネイロ行きのチケットは手を伸ばせば届くところにある



日本30イラン


サウジアラビア戦で井手口が出色のパフォーマンスを見せたことで、
イラン戦でも出番があるかなと思っていたら、まさかの発熱でベンチ外。

起こってしまった事はしょうがないので、早く完治させて欲しいけど、
なんというか、持ってないなとは思う。



結果的に3点差がついたけど、90分の試合の中ではほぼ互角だった。

イランに押し込まれた後半の早い時間帯を除き、
日本がボールを握って試合を進めることができていたけど、
ロングボールを使って直線的に攻めてくるイランの方が決定機は多かった印象。

これまでの日本なら、ロングボール中心で攻めて来られると、
簡単にDFラインが下がってしまって、劣勢に追い込まれてしまっていたけど、
高さで攻めてくる分には植田と岩波のコンビである程度対応できるので、
そこまで押し込まれる展開にはならなかった。

何度か中に絞って対応した室屋のところでミスマッチを突かれる場面もあったけど、
そこはクロスバーに救われた。

日程面でもそうやけど、今大会の日本は運を引き寄せているように思えるね。



試合は90分で決着がつかず、延長戦にもつれこんだけど、
イランの選手は既に足が止まっていたので、この時点で勝機は十分にあったと思う。

日程面で言えば、グループリーグ3節から中2日の日本に対し、
中3日のイランの方が有利なんやけど、2節でグループ首位通過を決め、
3節でターンオーバーを敷いてスタメンを温存した日本の方が、
体力的には分があったね。

日本の3点はどれも良いゴールだったけど、
中島の2得点は背番号10に相応しい素晴らしい個人技だった。

どちらも左サイドからカットインしての形やったけど、
インフロントで巻いてファーのサイドネットを揺らした1点目、
ニアサイドに強烈なシュートを叩き込んだ2点目と、
シュートの技術の高さを証明したね。

誰もが言うように、サイズの小ささがネックの選手ではあるけど、
その技術の高さを生かすためにも、最低限、寄せの早い相手でも、
ある程度当たり負けしないフィジカルを身につけて欲しいね。



これで日本はリオ五輪出場権獲得に王手。

次戦の対戦相手はUAEかイラクということやけど、
韓国と開催国のカタールが入っているトーナメント表の逆の山と比べると、
まだやりやすい相手かなとは思うので、
3位決定戦は意識せずに、是非とも次で決めて欲しいところ。

まあ、とは言っても、去年のアジアカップで日本はUAEに負けているので、
ここまで来たらどこが出てきても厳しい相手であることは間違いないけども。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村









コメントを投稿