2016年1月20日

君は井手口陽介を見たか



日本21サウジアラビア


先日行われた、リオ五輪予選グループBの第2節で、
北朝鮮とサウジアラビアが勝ち点を分け合ってくれたおかげで、
日本は最終節を戦わずしてグループ首位通過が決定。

「絶対に負けられない戦いがそこにはある」っていう、
テレ朝がサッカー日本代表戦の中継の際に使用する有名なキャッチコピーがあるけど、
この試合は、「別に負けてもいい試合がたまにはある」という状況だったね。

まあ、この試合の中継はNHKで、試合結果も勝利しましたが。



先日のタイ戦から10人が入れ替わったスタメンの中で、
ガンバサポとして気になるのはやはり井手口。

これまで出場機会が無かったけど、、
4-3-3の左インサイドハーフというポジションで、
球際の強さや、守から功への切り替えの速さなど、
持ち味を十分に発揮できたと思う。

でもまあ、普段、ガンバの試合を見ている人だったら、
井手口がいつもこういうプレーをしている事は知っているので、
特別驚きは無かったんじゃないかな。

ただひとつ、ゴールを挙げた事を除いてはね。

まあ、ほとんど南野のゴールと言ってもいいぐらい、
完璧なお膳立てからのゴールやったし、
日本の1点目の大島のゴラッソと比べたら難易度の低いシュートだったと思うけど、
いつもシュートを宇宙開発している井手口が、
落ち着いてコースを狙ったシュートを決めたんやからね。

消化試合だったとはいえ、これだけのパフォーマンスが出来たのなら、
決勝トーナメントでも出場機会が訪れるやろうから、
是非とも井手口らしいプレーでリオ五輪の出場権獲得に貢献して欲しい。

あと、ガンバのトップチームでの初ゴールも、
ガンバサポ全員が首を長くして待っているので、今季の早いうちに頼むね。



これで日本はグループリーグを3戦全勝で突破し、
決勝トーナメント初戦でイランと対戦。

ここまでの戦いぶりを見る限り、非常に安定した戦いを見せているし、
グループリーグ最終節を戦わずにグループ首位通過が決まるなど、
運を味方につけている感じもあるので、
決勝トーナメントに向けての展望は楽観的な雰囲気が強いけど、
解説陣が口々に言っているように、自陣でのファウルが多いのが気になるね。

一発勝負では不用意に与えたセットプレーが命取りになることが多いから、
早めの修正をお願いしたいところやね。

あと、決勝トーナメントの試合で、
この試合を裁いた審判団に当たらない事を祈っとくわ。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村









コメントを投稿