2016年4月26日

なるほど、これが「待っていたのは最高の週末だ!」ってやつか



博多行ってきました。





ガンバ大阪10アビスパ福岡


ヤフオクドームで野球観戦を楽しみ、レベスタで愛するクラブの勝利に歓喜し、
夜は博多のグルメに舌鼓を打つ。

これまで幾度ともなく地方に遠征しているけど、
ここまで充実した遠征は久し振りだったんじゃないだろうか。

また、熊本で発生した地震を受け、義援金の募金活動を行ったり、
支援物資を持ち寄るサポーターの姿や、
試合後に福岡のゴール裏に挨拶に行った丹羽の姿を見て、
苦しい時には人々が協力し、励まし合って困難を乗り越えようとする、
日本人のメンタリティは素晴らしいなと再確認した次第です。



この試合のスタメンは、先日のACLでPKを失敗した宇佐美のメンタル面を考慮してか、
パトリックとリーグ初スタメンの呉屋の2トップという初の組み合わせだった。

今のガンバの中盤の構成力の低さでは、
呉屋のようなストライカータイプの選手の良さって、
十分に生かせないんじゃないかって思っているけど、
なかなか中盤からパスが出て来なくても、
何度も動き直してボールを引き出そうとする動きには可能性を感じたね。

後半にはリーグ初ゴールを挙げるビッグチャンスが訪れたけど、
これは福岡のGKのファインセーブに阻まれてしまった。

先月の甲府戦と言い、チャンスはあるものの決め切れないあたり、
持ってない選手だなとは思うけど、
今のガンバのFW陣に無い武器がある選手なので、
これからも継続的に出場機会が訪れると思う。

早く目に見える結果が欲しいところやね。



決勝点を挙げたのは、その呉屋に代わって途中出場した宇佐美だった。

呉屋の動きが良かっただけに、正直、この交代は疑問に思ったけど、
彼にしか打てないシュートで頭に浮かんだクエスチョンマークを吹き飛ばしてくれた。

「相手DFは戻りながらのディフェンスだったので、
DFとGKが重なる瞬間があるから、それを待ってコースを狙った」とのことらしいけど、
そんなことが出来る選手が、日本にどれだけいるんだろうな思う。

目の前に立っているDFを抜き切らずに、
GKの手が届かないコースを狙ってシュートするという、
とても難易度の高いゴールだったね。

今季初ゴールを決めた仙台戦の後には流れに乗れなかったので、
次こそは上昇気流に乗りたいところやね。



柏戦、水原戦と、ネガティヴ要素満点の試合を続けて見た後だったので、
とても良い試合をして勝ったかのような錯覚に陥っているけど、
正直、この試合の戦いぶり(特に前半)では、
次節の対戦相手の川崎に勝てる見込みは少ないと、言わざるを得ない。

ましてや、今季、成績の奮わないホームでの試合なので、
悪かった部分はきちんと修正し、
しっかり準備して次節に臨んでもらいたいと思います。

ちなみに、次節、初めて吹田スタジアムで観戦します。

今季、なかなか調子の上がらないガンバですが、
僕が観戦した試合はなんだかんだ3戦3勝なので、
ガンバに、勝ち運をもたらせればと思っております。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村











コメントを投稿