2016年10月12日

日本の土俵で相撲を取ってくれたのに白星は挙げられなかった



日本11オーストラリア


我らが日本代表の、昨今の体たらくなパフォーマンスでは、
大敗もあり得るんじゃないかと思っていたけど、結果はドロー。

グループ最大のライバルであるオーストラリア相手に、
アウェイで勝ち点1という結果は悪くないという見方もできるけど、
十分勝機はあったと思うので、どちらかというと勝ち点2を落とした感があるね。

今後の試合で順調に勝ち点を積み上げていけると断言できるほど、
今の代表の状態は良くないので、勝てる試合で勝てなかったことが、
後々、響かなければ良いんだけども。



ポステコグルーが率いる今のオーストラリアは、
ポゼッションスタイルを志向しているということもあって、
ボールを繋いで日本に立ち向かってきたけど、
一昨年のブラジルW杯で、アルジェリアを率いてドイツを苦しめたように、
元来、ハリルホジッチはカウンターを得意としている監督だから、
どちらかと言うとこの手の相手は組み易かったんじゃないだろうか。

実際、前半の早い時間に決まった原口元気の先制ゴールも、
相手のパスを奪っての見事なカウンターだったし、
相手の狙いを逆手にとって、自分たちのペースに持ち込むことができたと思う。

試合前に小林悠も言っていたけど、
これまでの日本とオーストラリアの試合のように、
直線的にゴールに向かってこられる方が、
フィジカル差が顕著に表れるので、日本としては嫌だったね。



ところが、比較的狙い通りに試合を進めながら、追加点を奪えずにいると、
後半、オーストラリアの布陣変更に対応できず、
バタバタしている間にPKを献上。

これを、埼玉スタジアムで行われたブラジルW杯予選で、
本田圭佑がシュウォーツァーから決めたPKのお返しとばかりに、
ジェディナックがど真ん中に蹴り込んで同点に追いつかれてしまった。

まあ、軽率なファウルだったけど、
原口のこれまでのW杯予選での活躍を見てると、
一概に彼を責めることはできない。

ましてや、オーストラリアのような強豪相手に、
無失点で終えることができるなんて、そんなムシの良い話なかなか無いしね。



ただ、個人的に気に入らないのが、同点に追いつかれてから、
小林悠に代えて清武を投入するまでの間、
ハリルホジッチが何も動かなかったこと。

ホームの大観衆の前で勝利を挙げたいオーストラリアが、
WBをかなり高い位置に残して前掛かりになっていたので、
同点に追いつかれてすぐに浅野を投入し、
ひたすらDFラインの裏を狙わせても良かったんじゃないだろうか。

また、先制点の場面でアシストを決めたとはいえ、
その後は効果的な働きが出来ていなかった本田を、
もっと早く見限っても良かったんじゃないだろうか。

そんな思いとは裏腹に、後半アディショナルタイムに、
まるで時間稼ぎのために残しておいた3枚目の交代カードで、
原口に代えてCBの丸山を投入するあたり、
ハリルホジッチは本当にこの試合に勝つ気があったんだろうかと疑いたくなるね。



次戦はホームでサウジアラビアと。

グループの草刈り場という立ち位置のタイやイラクと違って、
現実的にW杯の出場権を懸けて戦う相手なので、
是が非でも勝ち点3を獲りたいところやね。

仮想サウジという位置付けなのかどうかは知らないけど、
金曜日の夜に陸の孤島のカシマスタジアムでオマーン戦と言う、
どの客層をターゲットにしているのかわからん親善試合も組まれているので、
しっかりと準備して試合に臨んでほしいね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村











コメントを投稿