2018年3月18日

かすかでも確実に前進 大事なのは前に出る姿勢



ガンバ大阪22柏レイソル


先日のリーグ杯で浦和相手に快勝したこともあって、
この試合に対する期待感は大きかったけど、
さすがにそんなにうまく話は進まないわな。

先日、故障による長期離脱から復帰したばかりのアデミウソンが、
コンディション不良でベンチ外になるし、
今野が戦線に復帰したと思えば、この試合で市丸が負傷交代。

次節のFC東京戦からマテウスが出場できるようだけど、
あっちが立てばこっちが立たないという状態で、
なかなか思うようにチームを編成できないね。

まあ、マテウスに関しては、選手登録が間に合わなかったという点で、
フロントが後手を踏んでいる感があるので、小言の一つや二つ言いたくもなるけれど。



浦和相手に4得点を挙げた勢いをそのままに、
この試合でも攻勢に出たいところだったけど、
柏の江坂に返り討ちにされ、早々に2点ビハインドを背負うことに。

いずれのゴールも鋭い切り返しからのコースを狙ったシュートだったので、
江坂の個人技も見事なものではあったけど、
そもそも、ガンバの守備陣がズルズルと下がってしまい、
誰もボールにチャレンジできていなかったのが問題。

昨季までは、低いDFラインで跳ね返すような守り方をしていたので、
今季のように高いDFラインを敷いた守り方に慣れないのは理解できるけど、
急造の守備陣というわけでもないんだし、
選手同士で話し合って上手く修正して欲しいと思う。



ただ、今季のこれまでの試合だと、2点ビハインドを背負った時点で、
敗色ムードが濃厚になっていたけど、
この試合では、ファンウィジョがゴールを決めて1点差としたことで、
観戦意欲が削がれるという事態に陥らずに済んだね。

1点ビハインドになってからはガンバが攻勢に出る場面が多かったけど、
先日の浦和戦で2得点を挙げた長沢をはじめに決定機が訪れるけど、
これを決めきれなかった。

後半に入って、柏が建て直してきただけに、
前半の勢いがあるうちに追いついけなかったのが痛かったね。



ファンウィジョは、闇雲にシュートを打つきらいはあるけど、
守る側からして、ゴールに近い位置でボールを持たれると、
やはり嫌な選手じゃないだろうか。

昨季は、ゴールから離れた位置でプレーすることが多かったので、
そのゴールに対する貪欲さが相手の脅威になることは少なかったけど、
今季のようにゴールに近い位置でプレー出来れば、
きっとガンバのストロングポイントになってくれるはず。

得点力不足が叫ばれるガンバのFW陣に於いて、
もっともストライカーらしいFWだと思うので、
この調子で得点を積み上げていって欲しいと思うね。

後半41分にそのファンウィジョが、再び中村航輔が守るゴールのネットを揺らし、
タイスコアに持ち込むことができたけど、勝ち越すことまでは出来ず、
またしてもホームで勝ち点を落とすことに。

ただ、今季のリーグ戦で初めての勝ち点を挙げることが出来たのは、
ポジティブに考えていいと思う。



今季は、クルピを新監督に迎え、チームの再構築をしながらのスタートかかわらず、
春先から、鹿島、川崎、柏といった完成度の高いチームと相対する日程は、
さすがに厳しいものがあった。

油断は禁物だけど、次節以降の対戦相手は、
これまでの対戦相手よりも若干落ちるところがあるので、
ここら辺から勝ち点を伸ばしていければと思う。

奇しくも、次節の対戦相手は、昨季までガンバ大阪のベンチに座っていた、
長谷川健太率いるFC東京なので期するものがあるね。

大魔境・飛田給での試合と言うのが引っかかるところではあるけど、
かつての指揮官を一泡吹かせられるような試合を期待したいね。



にほんブログ村












コメントを投稿