2018年3月31日

クルピの蒔いた種が発芽するのはいつの日か



飛田給行って来ました。





ガンバ大阪23FC東京


代表戦による中断期間が開け、新加入のマテウスも登録が完了し、
「さあ、仕切り直し」といきたいところだったけど、
今野とアデミウソンが再び戦線離脱し、米倉も故障。

さらに、この試合で藤春も負傷交代と来れば、
ベストメンバーで試合が出来る日はいつになるのだろうかと不安になってしまう。

16年間勝てていない飛田給でのFC東京戦で、
勝ち点を落とすのは織り込み済みなところはあるので、
この結果は意外でも何でもないけど、
今季まだ1勝も出来ておらず、是が非でも勝ち点3が欲しい状況で、
さらにまた黒星を一つ重ねるというのはなかなか精神的に堪えるものがあるね。

日付が変わったら、エイプリルフールよろしく、
「今までのリーグ戦の成績は嘘でした」なんて、
都合のいい状況になっていないだろうか。



FC東京と言えば、どうしても昨季までガンバの指揮を執った、
長谷川健太の存在を意識してしまうところ。

試合前は、敵陣営に佇むかつての自軍の将に、一泡吹かせてやると思っていたけど、
積極的に前線からプレスをかける青赤のユニフォームの選手たちを見て、
知らず知らずのうちに、かつての自分たちの姿を重ねてしまっていたね。

まあ、その青赤のユニフォームを着た選手の中に、
当時、ガンバにいた選手がいるから尚更なんだけど。



ただ、この敗戦の中に光明を見出すとすれば、
2試合連続のドッピエッタを達成したファン・ウィジョだろう。

昨季は、ゴールから離れてプレーする時間が長く、
そのゴールに対する貪欲さとシュートレンジの広さを発揮できずにいたけど、
今季は、ゴールに近い位置でプレーできているので、
彼が本来持っている能力が生き始めているように思う。

そう言えば、以前、ガンバに在籍していたイ・グノも、
2010年のシーズン途中に加入した時は鳴かず飛ばずだったけど、
2011年に入ってから覚醒したという前例がある。

二匹目のドジョウを狙うわけでは無いけど、ファン・ウィジョも、
同胞の先輩のように、2年目を飛躍の1年にして欲しいと思うね。


次戦は、アウェイでルヴァンカップの名古屋戦。

クルピのことだから、チームの土台作りのスローガンの下に、
ベストメンバーをピッチに送り出しそうな気がするけど、
故障者が相次いでいる現状と、15連戦という日程に鑑みて、
選手を入れ替えて戦う必要はあると思う。

うだつの上がらないトップチームとは対照的に、
U-23は内容と結果が伴ったサッカーをしているので、
U-23から選手を抜擢して起用するのもいいんじゃないだろうか。



にほんブログ村










コメントを投稿