2009年11月16日

南アフリカ遠征の収穫

 
 
日曜が早朝出勤だったのにも関わらず、
やっぱり見てしまった代表戦。
 
でも、素直に寝た方が良かったね。
この試合を見た代償が、今日の昼間の睡魔やとすると、
あまりにも損した気分やわ。
 
 
 
日本00南アフリカ
 
 
 
とりあえず、ブブゼラのサウンドは、
独特のアウェイの雰囲気を作り上げてたね。
 
この雰囲気を体験できたのは、日本の選手にとって、
いい経験になったんちゃうかな。
 
でも、ピッチ解説の本田泰人が、実況のアナウンサーに、
「本田さん、ブブゼラはどうですか?」って聞かれて、
「日本にとって脅威になる選手だと思います」って…
 
ブブゼラが南アフリカの選手やと思っちゃったみたいやね。
最近の離婚騒動でちょっとお疲れ気味なんかな、本田は(苦笑)
 
それに、反町は、こんな試合の解説をするために、
南アフリカに来るぐらいやったら、湘南に残っとけよ。
 
J1昇格の正念場のこの時期に、自分が監督を務めてるチームを
差し置いて、解説業なんてしてる場合じゃないと思うけどな。
 
 
 
あと、日本代表の新ユニは、引きで見たら、
ピッチに良く映えるよね。
 
やっぱり、代表のユニは濃い青の方がしっくりくるわ。
 
今回のユニは、ゆったりタイプとピチピチタイプの
2種類があるけど、俊輔がピチユニを着てたのには驚いたね。
 
でも、俊輔がピチユニを着てると、ただでさえも華奢な体が、
際立って、体が小さく見えるから、
やめた方がいいんじゃないかと思ったね。
 
まあ、その2点がわかったことが、今回の南アフリカ遠征の収穫かな。
 
 
 
え、試合?
 
正直、どんな試合してたんかはっきり覚えてないんよな。
 
率直な感想を言えば、いつも通りに戦って、
ある程度予想できる結果に終わったな、って感じ。

ハイプレスから高い位置でボールを奪い、サイドに展開して、
ニアに速いクロスって、確かに、体格で劣る日本人が、
世界で勝負するには、有効な方法ではあると思うんやけど、
それしかやらんから、相手に完全に読まれてる感があるよね。
 
それに、この日は日本のサイドが全然機能しなくて、
内田と駒野があまり上がって来れてなかったから、
攻撃に関しては全くと言っていいところが無かった。
 
守備陣は、南アフリカを完封したことで、
ある程度結果は残せたけど、南アフリカのエースのマッカーシーは、
運動量が少なくて、脅威になってなかったし、
他の選手も、シャバララぐらいしか危ない選手はいなかったから、
守る方は、そんなに大変じゃなかったと思う。
 
 
 
岡田は、チーム作りが順調にいってるみたいなこと言ってるけど、
見てる側としては、どうもそんな風には思えんのよな。
 
W杯まで、あと7カ月ぐらいしかないんやから、
そろそろ、海外遠征で強豪国と対戦した時でも、
いい意味で「おっ!?」と思わせるような試合をしてほしいね。
 
次は、香港に移動して、香港代表と試合。
 
長距離移動が重なって、疲れてるとは思うんやけど、
2009年最後の代表戦をきっちり勝利で締めくくってほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
コメントを投稿