2009年11月28日

鹿島国にて、夢潰える

 
 
行ってきました、カシマサッカースタジアム。
 


 
3時間半あったら、東京から富田林の実家まで帰れるっちゅうねん、
ホンマにここ関東かよって、道中思いながら、たどりついた鹿島国。
 
でも、行く時は、これから大一番に臨むワクワク感があって、
それほど苦にはならんかったけど、やっぱりあの試合を見た後やと、
この長い道のりはキツイもんがあったわ。
 
 
 
ガンバ大阪15鹿島アントラーズ
 
 
 
今まで連携が不十分とは言え、騙し騙し使って来た、
ペドロの単独突破では、鹿島のDF陣を破れるわけもないし、
 
いくら、最近DF陣が安定していたとはいえ、
加地、山口、中澤と、3人も故障者が強行出場してる状態で、
鹿島の攻撃陣を止められるわけもない。
 
ACLのラウンド16での川崎との試合の時もそうやったけど、
今年は、大一番で主力のコンディションが整わんっていう、
ケースが多いよね。
 
ただ、今は何を言っても言い訳にしかなれへんわけやし、
ピッチでの結果が全てってことやね。
 
 
 
ガンバとしては、前半から、遠藤と二川がボールを持つと、
鹿島の選手が2,3人と寄って来て、つぶされていたので、
攻撃でリズムが作れなかった。
 
まあ、でもこの展開は、ここ数年の鹿島との対戦で
見慣れた光景やったから、予想の範囲内。
 
でも、今日はそれにつけくわえて、ペドロがドリブルで仕掛けてきた
ボールを奪って、カウンターっていう狙いが徹底されてたね。
 
そのパターンでカウンターを食らいまくった揚句、
故障を抱えているDF陣が疲弊しきってしまい、
結果的に後半の大量失点に繋がったのかな、と思う。
 
もともとペドロは諸刃の刃的な部分があるけど、
今日はその、悪い部分が噴出してしまった格好になったね。
 
まあ、ルーカスが退場になって、1人少ないのにも関わらず、
DFを削って攻撃的に出たのも、あれだけ点を取られた
原因でもあると思うけどね。
 
 
 
今日、鹿島に敗れたことで、ガンバの優勝の可能性が潰えてしまいました。
 
と、同時に、先週全然役に立たなかった古都のチームが、
浦和を降してくれたおかげで、3位以内が確定し、
来シーズンのACL参戦権を手にしました。
 
夏場の泥沼の時の状態を思うと、選手たちは、
よくここまで頑張ったなと思う。
 
今日の試合の後半、どんどん点差が広がっていくなかでも、
必死でボールを追いかける選手達の姿に、胸が熱くなるものがあった。
 
今日の試合では、その気持ちは報われなかったけど、
来シーズンに、それを思う存分ぶつけてほしいね。
 
 
 
それにしても、勝ちたかったなぁ…(>_<)  


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
コメントを投稿