2009年11月22日

オレンジの牙城、日本平攻略!

 
 
日本平行ってきました。
 

 
しかしまあ、この平成のご時世に、
どうしてこんな敵軍に攻められないような所に建ってんのかね?
このスタジアムは(苦笑)
 
でも、ことサッカーに関しては、
ガンバ相手に攻め込まれてしまったけどね。
 
 
 
ガンバ大阪20清水エスパルス
 
 
 
清水戦が関ヶ原…って社長が言ってたらしいけど、
史実をもとにすると、西軍の石田三成は敗れるからなぁ(苦笑)
 
縁起でも無い事言わんといてくれよって思ったけど、
心配は杞憂やったみたい。
 
 
 
試合の前半は、ガンバが一方的にボールを支配して攻め込む展開。
 
ガンバが良かったってのもあるけど、
それより、清水が自滅してるような感じがしたね。
 
この日の清水は、いつもの4-4-2じゃなくて、
ガンバ戦仕様の4-3-1-2。
 
マルコス・パウロ、伊東、山本の3枚ボランチが、
ガンバの中央からの攻撃をシャットアウトして、
ショートカウンターで、ガンバの高いDFラインの裏へ
岡崎走らせる、ってのがこの布陣の狙いやね。
 
これまでの対戦では、このやり方がハマって、
ガンバは清水に苦杯を舐めさせられてきたけど、
この日は、山本とパウロが絶不調で、
ビルドアップの段階でボールをロストしまくってた影響もあってか、
ガンバ戦仕様の布陣は機能してなかったね。
 
 
 
で、1点目のルーカスのゴールやねんけど、
高木からの浮き球のパスを反転トラップして、
技ありのゴール!
 
試合前の練習でシュート外しまくってたから、
大丈夫かよって心配してたけど、試合になると、
きっちりと仕事をするあたり、優良助っ人だなぁ、と。
 
ただ、ガンバサポの人なら誰でも同じ意見だと思うけど、
児玉にCBは厳しいと思うわ。
 
この、ルーカスのゴールシーンでのお粗末な対応以外にも、
それほど空中戦が得意でない、ペドロにすら何度も
ヘディングで競り負けてたからね。
 
まあ、高木がガンバに移籍して、青山もケガということで、
明らかに台所事情が苦しいのがわかるわ。
 
 
 
ハーフタイムに健太に何を言われたんか知らんけど、
後半に入って、攻勢に出る清水。
 
市川のクロスに枝村が飛び込んだシーンとかは、
ヒヤッとしたけど、「やられた!」と思ったのは、
それぐらいじゃないかな。
 
ゴール前に迫られるシーンはあったけど、
あんまり点を取られそうな気がしないっていうか…
 
 
 
そういや、試合開始前に、清水の選手がエンドを変えたので、
その時は、なんでかなって思ってたんやけど
後半になって、夕日がすごくまぶしい事が判明。
 
藤ヶ谷は見づらいやろなぁって、
思いながら試合を見てたけど、ミスったのは、
まぶしくない方のゴールマウスを守っている、西部。
 
別に、あの二川のクロスはパンチングでクリアできたと思うんやけど、
判断が遅れてチョ・ジェジンと交錯、
こぼれ球を押し込まれて、ガンバが追加点!
 
まあ、久し振りに日本平に帰ってきたチョ・ジェジンに、
プレゼントをあげたんやって、解釈しとくわ。
 
 
 
終盤は、清水のパワープレーに5バック気味で
守る展開になるものの、危なげなく逃げ切り、
鬼門・日本平で勝ち点3を手にしました。
 
元・清水の高木とチョ・ジェジンが活躍したのは、
感慨深かったね。
 
次節はいよいよ、鹿島国に乗り込んでの天王山。
 
今シーズンの日程が発表になった時、誰もが、
「この試合は非常に重要な1戦になるだろう」と予想した試合が、
本当に、期待したシチュエーションでやってきたって感じ。
 
この大一番を制して、万博での載冠に繋げましょう!!!
 




 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを投稿