2009年12月6日

リーグ最終節と去りゆく者たち

  
 
リーグ最終節、万博参戦してきました。
 
  
万博記念公園駅を降りた俺を出迎えてくれたのは、
観覧車が無くなったエキスポランド。
 
 
 
取り壊されたのは知ってたものの、実際に自分の目で見るのは初めてやったから、
そこにあるべきはずのものが無いって言うのは、
感傷的な気分にさせてくれるよね。
 
それに、今日は最終節ということもあってか、
去りゆく選手たちに対しても、感傷的な気分にさせられたわ。
 
 
 
ガンバ大阪20ジェフ千葉
 
 
 
ガンバはリーグでの順位が確定してるし、
ジェフはすでに降格が決まっているということで、
両チームともモチベーションを保つのが難しかった試合やったと思う。
 
実際に、試合そのものよりも、試合後の方が色々あって、
印象に残ったね。
 
 
 
前半から、ガンバが圧倒的にボールを支配…、とはいかなかったけど、
全体的に守備意識が高く、組織的なプレスが機能していたせいか、
ジェフに決定的なシーンはほとんど作らせてなかったね。
 
この日は、山崎だけじゃなく、チョ・ジェジンも、
前線からボールを追いかけてたのが、その意識の高さを
象徴していると思う。
 
ただ、前半途中に中澤が負傷交代して、
高木がCBに入ったあたりから、DFラインが下がり気味になり、
それによって、全体が間延びしてプレスがかからなくなったため、
結果的に、ジェフがリズムを掴んでしまった。
 
まあ、ジェフの決定力の無さに助けられた感もあるとはいえ、
高木は、SBとしてはフィットしてきてるけど、
まだCBとしては、ガンバの高いDFラインに慣れてないのかなって、
ちょっと心配になったね。
 
 
 
この日のガンバの得点は、2点とも遠藤やったんやけど、
特に、1点目のFKは素晴らしいね。
 
キーパーの重心をよく見て、逆を突いてコロコロと流し込む、
アジア最優秀選手にふさわしいプレーやった。
 
それにしても、GKのポジショニングが悪いのか、
ジェフは、よく遠藤にFKを決められるイメージがあるよね。
 
 
 
その後、遠藤が2点目となるPKを決めた直後に、
播戸竜二登場。
 
それから、試合終了までは、まさに播戸劇場。
 
2点を取られたことにより、ジェフが前掛かりに出てきたため、
ジェフのDFラインの後ろに広大なスペースが出現。
 
どんどん裏へ飛び出す動きを繰り返す播戸。
 
それに呼応して、播戸にボールを集めるガンバの選手達。
 
しかし、それをことごとく決められない、播戸竜二orz
 
播戸の獲得を狙っている他のチームの強化部長が、
あの決定機逸のシーンを見て、獲得に二の足を踏まないことを
願うばかりです。
 
 
 
試合終了5分前には、ベンチのメンバーと
ハイタッチをしながら、松代が登場。
 
まあ、正式にはまだ発表されてないけど、
あの交代には、深い意味があるんやと思うけどね。
 
そうじゃなかったら、あんなところで、
当たっていた藤ヶ谷を交代させる意味がよくわからんし。
 
 
 
試合終了後には、恒例のホーム最終戦セレモニー。
 
しかし、今年はその前に、ジェフの斎藤大輔の
引退セレモニーがあったよね。
 
こういう形で、引退セレモニーをやってもらえる選手って少ないし、
ましてや、両チームのサポーターから、
万雷の拍手を受けて引退をする選手ってそうそういないと思う。
 
斎藤選手、お疲れ様。
 
でも、正直、ほとんどガンバサポの中に、いきなり出て来て、
言葉を選んで話すのは難しかったと思うわ。
 
 
 
最終戦セレモニーで、アキラと松代の挨拶が終わると、
ガンバゴール裏で、またしても播戸劇場が開演。
 
 
 
 
ゴールを決めたわけでもないのに、「1,2,3、バーン!!」の
大バーゲンセール。
 
最初は、面白かったけど、5回目あたりになってくると、
「もうええわっ!!」って感じやった。
 
でも、つくづく、ホンマに愛されてた選手やったんやなって
感慨深いものがあったね。
 
 
 
リーグ戦は、昨日で終了しましたが、
ガンバの2009年シーズンはまだ終わっちゃぁいません。
 
次は天皇杯で、また鹿島国に乗り込み、
J3連覇を達成した、鹿のチームとの対戦です!!
 
俺も参戦しますが、前日が忘年会ということで、
おそらく2日酔いでの参戦が濃厚。
 
でも、一度も鹿島に勝てないまま、今シーズンを終えるなんて、
あってはならない!!
 
ガンバの選手達と、アキラの言葉を信じてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
コメントを投稿