2009年12月29日

さあ、元旦国立だ!

 
 
国立行ってきました。
 

  
最近仕事が忙しくて、肉体的にも精神的にも疲れてたんやけど、
やっぱり、サッカー観戦はいいリフレッシュになるね。
 
ガンバも勝ったことやし、言う事無しやわ。
 
 
 
ガンバ大阪21ベガルタ仙台
 
 
 
前半の3分ぐらいに、ルーカスのビューティフルバイシクルが決まって、
幸先良くガンバが先制。
 
そこからも、ほぼガンバが相手陣内でゲームを進め、
前半の15分だけを見た時点で「これは勝ったな」って思ったわ。
 
でも、NHKの方では、13時からの清水vs名古屋戦が
延長、PKまでもつれ込んだせいで、この時間帯がまるまる
放送されてなかったみたいやね。
 
 
 
ただ、早々に先制点を取って、気が緩んだのか、
そこからのガンバは、受けに回ってしまって、
徐々に仙台にペースを握られてしまったね。
 
試合開始直後の勢いのある時間帯で、もう1点欲しかったな
って思ったわ。
 
 
 
後半に入っても、前半の終盤から続く仙台の勢いは衰えず、
積極的に前に出てきた。
 
その結果、仙台に同点ゴールを許すんやけど、
あのシーンは、ガンバのDF陣を責めるより、
右サイドを個人技で突破した関口を褒めるべきやね。
 
敵ながら、あの切り返しには、
思わず「うまっ!」って言ってもうたし。
 
 
 
ただ、仙台はこの時点がピークやったんか、
そこからペースダウンしたように見えた。
 
そんな相手の綻びを見逃さないのが、ガンバの選手達。
 
同点にされてから7分後に、ルーカスがこの日2点目となる
ゴールを決め、ガンバが勝ち越し!!
 
 
 
そこからのガンバは、まさに横綱相撲。
ボールを上手くキープしながら、試合終了の笛を待つだけっていう
盤石の試合運びを見せていたね。
 
あと、何気に、途中出場の佐々木が、仙台のDF陣をかき回して、
疲れに拍車を掛けさせてた。
 
さすがに、疲れてるところに、あれだけのスピードを持った選手が
出てくるなんて、嫌にも程があるからね。
 
遠藤が言うように、「危ないシーンはいくつかあったけど、
全体的にいい試合ができた」と思うわ。
 
 
 
そういや、この試合では、GKの木村が公式戦初スタメンやったんやね。
 
まあ、いくつか言いたいことはあるけど、
プロ入りして7年目での初先発、しかも天皇杯の準決勝っていう
大舞台で緊張しないわけがない。
 
むしろそれを考えると、本当によくやってたと思うわ。
試合後の「俺たちは大阪さ」のパフォーマンスも楽しかったしね。
 
本音を言うと、キャッチングした後の、スローでの球出しが、
あんまり周りを見てなくて、怖かったけど…
 
 
 
これで、2年連続での元旦決勝が決定。
 
相手は、今シーズン2戦2敗の名古屋グランパス。
まあ、ツッコミんでもツッコミきれない、2敗ではあったけども…
 
とにかく、なんにせよ、
ここまで来たら、勝って賜杯を掲げな意味が無いやろ。
 
サンフレッチェ、ACLの準備しとけよ!!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 

 
 
 
 
 
コメントを投稿