2010年3月20日

ガンバの2010年はいつ開幕するんだろう?

 
 
世間はすっかり春めいてきましたが、
ガンバ大阪に春が訪れるのは、まだ先のことのようです。
 
 
 
ガンバ大阪00アルビレックス新潟
 
 
 
内容だけやったら、完全に負け試合、
ゴールポストの活躍で、なんとかドローに持ち込んだ試合やった。
 
オレンジアレルギーとか、そんなん関係無しに、
酷い試合やったね。
 
それにしても、敵ながらマルシオ・リシャルデスはホンマに上手い。
この間までケガしてたのが信じられへんほど、クオリティの高さを
見せつけてた。
 
本間と三門のダブルボランチも、素晴らしかったし、
あと、チョ・ヨンチョルもいい選手やと思ったね。
 
 
 
一方でガンバの方はどうやったかっていうと、
この1週間何してたんだっていうほどのグダグダぶり。
 
まず、アキラが迷ってるのが、選手の起用に表れてるもん。
 
ルーカスの負傷退場はアクシデントやったとはいえ、
佐々木は、上半身のケガで体のバランスが悪く、
明らかに試合に出れるコンディションじゃなかった。
 
佐々木を出場させた時点で交代枠を1つ無駄にしてしまったね。
 
それと、ルーカスの代わりで入ったのに、25分だけのプレーで
平井と交代させられたペドロ。
 
まあ、目も当てられないほど酷いプレーをしてたから、
交代させられてもおかしくないと思うけど、
こんな交代やってる時点で、チームが上手くいってないのを物語ってるわ。
 
ペドロが交代をさせられた後、ベンチに向けて怒りを露わにしてたように、
この件で、ペドロとアキラの間に確執が生まれそうやけど、
個人的には、どんな理由があっても、ガンバのユニフォームを
あんな風に扱う選手に、青黒のユニフォームを着てほしくないね。
 
 
 
そして、またしても露呈してしまったガンバの決定力不足は深刻やと思う。
 
ただ、この試合に限っては、FWの責任というより、
中盤のビルドアップの段階でのミスが多すぎたし、
あんなにセカンドボールを相手に拾われてたら、効果的な攻撃ができへんて。
 
この試合では、いつもの4-4-2じゃなくて、4-2-3-1の布陣やったけど、
1トップに入った、ルーカスやチョ・ジェジンまでボールが行かんくて、
完全に孤立してたように見えたし。
 
ACLで優勝した時のように、4-2-3-1の布陣が上手くいく時って、
トップ下に入った、遠藤が違いを生み出してるイメージがあるんやけど、
この試合の遠藤は、違いを生み出すどころか何もしてない。
 
特に後半なんて、セットプレーのシーン以外では、
どこにおるんかわからんかったし。
 
おそらく、「大丈夫」とは口でいってるものの、
コンディションは相当悪いんやと思う。
 
事前の報道でもあったように、来週のシンガポール遠征の、
メンバーから外してほしいね。
 
 
 
その中で、数少ない良かった点と言えば、
代表復帰が囁かれてる、加地の調子が良さそうなのと、
(あのキャノンシュートは入ったかと思ったわ)
安田が、名古屋戦の時と比べると、かなりマシになってたこと。
 
まあ、安田に関しては、マシなだけで良いとは言えんけど、
この試合ぐらいシンプルにプレーしたほうが、
いいプレーができるんじゃないかなと思うね。
 
 
 
とうとう、これで公式戦6試合勝ち星無し。
こんな状況で、明日からシンガポール遠征に向かうガンバの選手達。
 
どうしても悲観的になってしまうけど、2008年の夏に、
10試合勝ち星が無かった時、シリア遠征が劇薬となり、
ガンバが復活したように、このシンガポール遠征が、
今のガンバの劇薬になってくれることを願います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
コメントを投稿