2010年3月6日

残念な開幕戦

 
 
いやぁ~、せっかくワクワクして迎えた開幕やったのに、
フラストレーションの溜まる試合やった…
 
 
 
ガンバ大阪12名古屋グランパス
 
 
 
今冬、大型補強で注目を集めた名古屋。
 
その影響で、連携面で突けいる隙があるかなと思ってたんやけど、
この日の名古屋の不安点らしい不安点は、
4-3-3システムの宿命とも言える、1ボランチのサイドのカバーぐらい。
 
ピクシーは、よく短期間で、これだけチームを仕上げたと思うわ。
特に、サイドを幅広く使った攻撃は、ガンバのDF陣を翻弄して、
苦しめてたね。
 
まあ、これだけ名古屋の良さが際立ったのも、
この日のガンバがグダグダやったってのもあるけど。
 
 
 
まず、ACL、ゼロックスと、奮闘していた守備陣が、
今日は良くなかった。
 
この日の失点は、どっちもミス絡みやったしね。
 
1失点目のシーンは、左からクロスが上がる直前に、
なぜか高木が、ケネディのマークを安田に預けて、
前方のスペースを埋めてたんよね。
 
高木の目には、安田の身長が190cmぐらいに見えたんやろうか?
結局、その安田とケネディのミスマッチをつかれて失点。
 
こういうミスが出てくると、山口の不在ってのが嘆かれるけど、
先の2試合では、このようなミスが無かったし、
そう考えると、菅沼って案外効いてたんかな?
 
 
 
そして、2失点目は、セーフティにゴールラインにクリアしとけば良いものを、
変にキープしようとして、ボールを失った、完全な遠藤のミス。
 
やっぱり遠藤疲れてるって。
この日は、遠藤の運動量が落ちていくのと共に、
ガンバのチーム全体のパフォーマンスも落ちていった気がするし。
 
でも、今後の日程を考えると、遠藤を休ませられる試合って、
無いよなぁ…
 
そう考えると、水曜日のバーレーン戦は、休ませてほしかった。
…岡田め(怒)
 
 
 
攻撃面では、裏を狙う動きってのが少なかったかな。
 
この問題点は、ルーカスとチョ・ジェジンが2トップを組むと、
いつも指摘される点やけどね。
 
去年のエコパでの磐田戦の時みたいに、
やろうと思えば、上手くできそうな気もするんやけど…
 
でも、この日は、先にも書いたように、
名古屋がピッチを幅広く使ってきたから、前線からプレスが掛からず、
ボランチとDFラインでボールを奪わざるをえなくなり、
攻撃のスタート地点が低かったように思ったわ。
 
こういう時は、もっと前線にシンプルに放り込んでもいいと思うんやけど、
それはアキラの美学に反するからね。
 
なんか、こういうガンバのジレンマをうまく突いてくる、
ピクシーっていやらしい監督やなぁと思ったわ。
 
 
 
そんな中でも、唯一明るい材料と言えば、
二川が相変わらず好調をキープしていることかな。
 
同点ゴールの、インサイドで狙いすまして決めたミドルは、
この試合のガンバ側の唯一のハイライトやったわ。
 
あれだけのスーパーゴールを、勝利に結び付けられなかったのが、
残念でならない。
 
 
 
これで、2010年シーズンが始まってから、
ガンバは3戦、1分け2敗と、未だ未勝利。
 
でも、まだ34分の1が終わっただけ、切り替えてやるしかないね!
 
次節の大阪ダービーは参戦予定なので、
今シーズン、リーグ戦初勝利を見せてくれることを期待してます!!
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
コメントを投稿