2010年4月10日

勝っても鬼門のNACK5

 
 
大宮行ってきました!!
 


 
ガンバ大阪31大宮アルディージャ
 
 
 
ポカポカ小春日和を通り越し、初夏の陽気が降り注ぐピッチで、
頭がボーッとしていたのか、前半早々明神が信じられないミスを犯し、
あまりにもあっさり失点。
 
そっちの方はポカポカせんでもええねんけど。
 
まあ、殴られて目が覚めるガンバよろしく、
ここから反撃してほしかったんやけど、
凡ミス連発で、グダグダな試合を披露。
 
特に、DFラインはロングボールを放り込まれるだけで、
バタバタして、目も当てられない状態。
 
もし藤ヶ谷がおらんかったら…なんて想像するだけでゾッとするわ。
 
それにしても、山口の不出来ぶりは、
ケガや試合勘云々で片付けられる問題なんやろうか…
 
なんか、遠藤やチョ・ジェジンと同じく、
スランプに陥ってるような気がするんやけど…
 
 
 
でも、そんな閉塞感を拭い去ったのが、前半終了間際の平井のゴール!!
 
宇佐美のパスに抜けだした平井が、左サイドから
落ち着いて決めたものやったけど、こんな酷い前半でも、
このゴールがあったから、後半はいけるんちゃうかって思えたしね。
 
それにしても、アシストした宇佐美のアウトサイドのパスは、
クオリティの高さを感じさせるものやった。
 
トップ昇格してから初めて90分フル出場した宇佐美、
今度は、ゴールネットを揺らす姿が見たいぞ!!
 
 
 
後半になると、山口に代えて、大塚を投入。
 
平井、大塚の2トップに、二川、宇佐美の攻撃的MFという、
ユースファンにはたまらん布陣に変更すると、これが大当たり!
 
大塚の後半開始早々のシュートが呼び水となり、
後半4分に平井、7分に明神が立て続けにゴールを決め、
その後は、ガンバの華麗なパスワークの独壇場。
 
そのまま、ガンバが今までの鬱憤を晴らすような、
圧倒的な力の差を見せつけて、リーグ戦初勝利を飾りましたとさ。
 
めでたし、めでたし。
 
 
 
…と、行きたかったんやけど、ここは鬼門のNACK5。
タダじゃ試合を終わらせてくれなかった。
 
後半25分過ぎから、立て続けに橋本と平井が負傷交代。
 
現時点でも、遠藤、ルーカス、佐々木、チョ・ジェジンが故障中で
野戦病院状態やのに…
 
特に、ここまで5試合で9得点とめざましい活躍をしていた、
平井の離脱はあまりにも痛すぎるわ。
 
明日は様子を見て、明後日に検査をするとの事やけど、
重傷じゃないことを祈るばかりやね。
 
 
 
リーグ初勝利と引き換えに、氷川神社に3選手も
生贄に捧げてしまったガンバ。
 
そんな状況下にも関わらず、火曜日には、
ACLグループリーグ、首位通過を懸けた大一番、
水原戦を控えるという、過密スケジュール。
 
おそらく、サテライトかと見間違うようなスタメンでの
試合になると思うけど、今日の勝利のいい流れでこの試合も
勝ち点3を取って欲しいね。
 
個人的には、この試合で後半から入り、
前線のリンクマンとして、フル稼働した大塚に期待してます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
コメントを投稿