2010年4月28日

さて、城南遠征の準備でもしますか…

 
 
それにしても、西野朗という監督は、どうしてこんなに極端なんだろうって、
思ってしまった、今回の先発メンバー。
 
顔ぶれから、フォーメーションの予想とかするのが難しかったしね。
 
しっかし、先週の土曜日の試合で、公式戦デビューを飾った星原を、
次の試合で、いきなり90分起用するとは…
 
まあ、試合結果は満足のいくものではなかったけど、
この試合でチャンスをもらった若きガンバの選手達には、
この経験を糧にして、今後に生かしてほしいね。
 
 
 
ガンバ大阪11河南建業
 
 
 
試合全体としては、ガンバがペースを握ってたから、
今シーズン開幕直後のような閉塞感は無かったけど、
河南がホームにも関わらずベタ引きしてきたせいか、なかなか崩せなかった印象かな。
 
結果的に、2点目を奪えなかったのが痛かったと言えばそれまでやねんけど、
あの時間帯まで1-0でもっていったんやったら、
上手く時間使って逃げ切って欲しかったっていうのが本音。
 
特に、二川や佐々木あたりが、ボールをキープしたりして、
若い選手達に、この時間帯での戦い方の指針を示してほしかったんやけど、
2人とも、試合終了間際までスルーパス狙いまくってたからな…(苦笑)
 
あと、後半ロスタイムに同点に追いつかれたシーンは、
オフサイドに見えるけど、あの状況でオフサイドトラップを仕掛けるなんて、
いくらなんでもリスクが高い。
 
この判断をした中澤や高木、そして先述の二川と佐々木あたりは、
普段試合に出てるメンバーとして、若手選手をリードしながら、
冷静に試合を進めてほしかったなと思うね。
 
 
 
とは言っても、やっぱり宇佐美は素晴らしい。
 
あの、左サイドからドリブルで中に切れ込んで、
右足で巻くような回転のミドルでのゴール。
 
ユースから宇佐美を見てきた人なら、何十回と目にしてきた、
“THE 宇佐美”と言える、定番の形やったから、
ボールがネットに吸い込まれた瞬間は、思わず鳥肌が立ったわ。
 
 
 
この試合に引き分けたことにより、
ガンバはACLのグループGを2位で通過。
 
ラウンド16は、アウェイで城南一和と試合することになったね。
 
まあ、せっかくのACLやのに、2年連続で万博で川崎と試合するなんて、
あまりにも味気ないし、ガンバはACLアウェイで3年連続で無敗やから、
案外こっちの方がいいかもしれへんね。
 
個人的には、もともとラウンド16は、万博でもアウェイでも行くつもりで、
ゴールデンウィークを1週間後ろにずらしてもらってたから、
来月、韓国に参戦します。
 
ACLで優勝を狙ってるんやったら、この段階でホームだのアウェイだの
言ってられへんし、なんとしてもベスト8の切符を掴んでほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
コメントを投稿