2010年5月2日

鹿に化かされたような敗戦

 
 
鹿島国行ってきました。
 
 
 
ピッチとスタンドの距離は近いし、スタグルメはウマいし、
都心から遠すぎるって事を除けば、文句のつけようがない素晴らしいスタジアム。
 
まあ、そこが最大のネックなんやけどね。
 
関東サポの俺でも、家から4時間近くかかるからなぁ、
来週の韓国遠征を含めたら、5月に2回海外遠征があるような感覚やで。
 
しかも、あんなやるせない試合を見せられた後の、
帰りの4時間は、なかなかしんどいもんがあるわ。
 
 
 
ガンバ大阪12鹿島アントラーズ
 
 
 
この試合を見た色んな人が言ってるように、
ガンバのやってたサッカーは決して悪くなかったんよね。
 
むしろ、今シーズンベストの内容やったんちゃうかな。
 
でも、負けた。
 
敗因らしい敗因は無かったように思うんやけど、
強いて言えば、遠藤と高木が決められなかった場面で、
岩政と野沢は決めたっていうこと。
 
なんだかんだでセットプレーで得点できるチームは強いわ。
 
鹿島にしてみれば、後は上手く時間使って逃げ切るだけやもんね。
 
サッカーの内容ではガンバが押してても、
試合の主導権は鹿島が握ってる、そんな感じやった。
 
キツネでもタヌキでも無く、鹿に化かされた試合やったね。
 
 
 
でも、ガンバとして明るい話題は、
星原がJリーグ初ゴールを決めたってことやね!
 
今シーズンの選手編成を考えると、出番がもらえずに、
オフにJ2かJFLあたりにレンタルされるんかなぁって
思ってたんやけど、まさかまさかやね。
 
まあ、ガンバ最速のスピードという、一芸には秀でてるし、
昨シーズンまでの山崎を彷彿とさせる、前線からの献身的なディフェンスは、
使いようによれば、スーパーサブ的な存在になるんちゃうかな。
 
個人的に、星原、倉田、下平、持留、池田の世代は、
大阪に住んでた時に、ユースの試合を見るために関東遠征したほど、
思い入れが強かったから、頑張って欲しいんよね。
 
平井、宇佐美、大塚、星原…、1人でも多く、
1人前のFWに育ってほしいもんです。
 
 
 
次節は、万博で川崎フロンターレ戦。
 
鹿島には負けたものの、調子は上がってきてると思うから、
この試合に関しては、そんなに悲観はしてない。
 
ただ、強いて言うなら、頭から4バックで行って欲しいね。
 
どうも3(5)バックやと、人数は足りてても、
1人1人の役割が明確になって無いから、
選手が戸惑ってるように見えるし。
 
そこさえ、上手く修正できれば、
もっと良くなるんじゃないかなぁと、思うんよね。
 
首位と勝ち点差11、降格圏の京都とは2差っていう、
厳しい現状やけど、シーズンはまだまだ長いです、
1試合1試合、コツコツ勝ち点を積み重ねていきましょう!
 



 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿