2010年5月16日

デリカシーの無い、日本サッカー協会

 
 
日付が変わって今日は湘南戦ですが、
まだ南アW杯の日本代表メンバーに触れてなかったので、
遅ればせながら書きたいと思います。
 
 
GK 楢崎 正剛(名古屋グランパス)
GK 川島 永嗣(川崎フロンターレ)
GK 川口 能活(ジュビロ磐田)
 
DF 田中 マルクス 闘莉王(名古屋グランパス)
DF 長友 佑都(FC東京)
DF 内田 篤人(鹿島アントラーズ)
DF 中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF 駒野 友一(ジュビロ磐田)
DF 岩政 大樹(鹿島アントラーズ)
DF 今野 泰幸(FC東京)
 
MF 松井 大輔(グルノーブル/フランス)
MF 長谷部 誠(VfLヴォルフスブルグ/ドイツ)
MF 本田 圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)
MF 遠藤 保仁(ガンバ大阪)
MF 稲本 潤一(川崎フロンターレ)
MF 中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF 中村 俊輔(横浜F・マリノス)
MF 阿部 勇樹(浦和レッズ)
 
FW 大久保 嘉人(ヴィッセル神戸)
FW 岡崎 慎司(清水エスパルス)
FW 玉田 圭司(名古屋グランパス)
FW 森本 貴幸(カターニャ/イタリア)
FW 矢野 貴章(アルビレックス新潟)

 
 
 
で、予備登録のメンバーはこちら
 
 
DF 徳永 悠平(FC東京)
DF 槙野 智章(サンフレッチェ広島)
 
MF 小笠原 満男(鹿島アントラーズ)
MF 石川 直宏(FC東京)
MF 香川 真司(セレッソ大阪)
 
FW 前田 遼一(ジュビロ磐田)
FW 田中 達也(浦和レッズ)
 
 
 
まあ、特別目新しいメンバーがいるわけでもなく、
今まで代表に呼ばれていたメンバーが順当に選ばれたなっていう印象やね。
 
サプライズらしいサプライズは、川口と矢野になるんかな?
 
川口が選ばれるとは思わんかったけど、立場的には第3GKやから、
出場機会が訪れる可能性は低いやろうね。
 
岡田は、フランスW杯の時の小島と同じ役割を担わせるつもりなんやろうけど、
日韓W杯の時、楢崎の控えに甘んじて、ベンチで不貞腐れてた川口に、
そういう役割が担えるんかなぁと思うわ。
 
まあ、あれから8年も経って、川口も精神的に成熟してるやろうし、
大丈夫やとは思うけどね。
 
 
 
矢野に関しては、今まで代表のFWに欠けていた高さや、
ポストプレーヤーとしての役割を補うピースって言うより、
前線からのプレスを怠らないっていう点を、評価されての選出やと思う。
 
つまり、これまでのFWの選出基準に沿ったものやね。
 
まあ、矢野のポストプレーはあんま上手くないし、
長身のプレーヤーの割にどっちかというとサイドでのプレーを好むから、
結局のところ、FWに関しては、似たようなタイプを5人選んだっていう感じやね。
 
 
 
代表チームに関しては、皆それぞれの意見があるし、
全員を納得させる代表を作るなんてのはハナから無理な話やから、
別にメンバーはこれでもいいと思う。
 
ただ、俺がどうもひっかかるのは、本大会に挑むメンバー23人と、
予備登録のメンバー7人を別々に発表したこと。
 
イングランドやオランダみたいに、30人のプレーヤーを
代表“候補”として選んでいる国はあるけど、
こんな風な分け方をしているのは、日本だけなんよね。
 
最初から、「あんたら補欠ですよ、誰かがケガしたらメンバーに入れますよ」
なんて選ばれ方されたら、モチベーションをどうコントロールするんやろ?
 
槙野に至っては、「試合に出れないけど、チームに帯同して、
ムードメーカーとして盛り上げてね」とかいう理由で、
W杯メンバーに帯同することを打診されてるみたいやし。
 
なんか、日本サッカー協会は、あまりにも選手への配慮が無いような気がするわ。
実際に選手から不満の声も上がっていることやしね。
 
帯同メンバー香川は「まだ少し考えたい」(ニッカン)
 
小笠原困惑、準備意欲も「はっきりして」(ニッカン)
 
 
 
まあ、最後はちょっと愚痴っぽくなってしまったけど、
ガンバサポとしては、やっぱり遠藤が選ばれたのは嬉しいね。
 
今シーズンは、ガンバの成績と同様に、
低調なパフォーマンスを続けてるから、どうもポジティヴになれないんやけど、
その分本大会で爆発することを期待してます!
 
臥薪嘗胆ですよ、臥薪嘗胆!
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿