2010年5月25日

埼玉スタジアムの憂鬱

 
埼スタ行ってきました。
 

 

平日のナイターで、しかも悪天候の中、
わざわざ2時間近く掛けて埼玉まで行ったのに、あんな試合を見せられたら、
チケット代と交通費の5分の1も元取られへんわ。
 
 
 
日本02韓国
 
 
 
完敗。
 
2月に、国立で韓国に1-3と惨敗した時は、サッカー界の韓流四天王、
パク・チソン、イ・チョンヨン、キ・ソンヨン、パク・チュヨンが不在。
 
しかし、今回はW杯前の壮行試合ということもあって、
4人が揃い踏みすることも考えられたから、
試合する前から苦しい試合になることは目に見えてたけど、
それでも日本チームの意地を見せてほしかったなと思う。
 
 
 
前半開始早々、日本ゴールを破ったのは、
アジアの英雄、パク・チソン。
 
ボールを持った時には、まさかゴールまで行くとは思わんかったけど、
最初のボディコンタクトで簡単に当たり負けしてしまったのが、
結果的に失点に結びついてしまったね。
 
このシーンだけじゃなく、日本は全体的に球際負けすぎ。
 
こんな試合でケガして、W杯に影響が出たら嫌だとか思ってんのかもしれないけど、
普段の試合からこんなナヨナヨとサッカーやってて、
W杯本番で、球際が戦えるようになるとは思えないんですが?
 
 
 
韓国は、先制点の後も圧倒的に試合を支配。
 
パク・チソン、イ・チョンヨンの両翼は、
持ち前のテクニックと、プレミア仕込みのフィジカルで、
日本のDF陣を翻弄。
 
そして、韓国の中盤の中央には、かつてガンバの前にも立ちはだかった、
キ・ソンヨンが君臨し、完全にゲームをコントロールしていたね。
 
対する日本はというと、大久保の個人技での突破以外、
ゴールに直結するようなプレーはまるで無し。
 
岡田が全幅の信頼を寄せる、俊輔と遠藤は、
相変わらずの体たらくやし、本田△も、この日は全然存在感が無かった。
 
 
 
そんなグダグダな日本に引導を渡したのが、
途中交代で出場していた、パク・チュヨン。
 
後半ロスタイムに、カウンターからゴール前に飛び出して、
楢崎のファウルを誘発し、PKを獲得。
 
これを自ら決めて、2-0。
 
確かに、韓国は日本よりは強いと思う。
 
だけど、これを“世界との差”と呼ぶんだったら、
日本がW杯クラスの大会で、まともに戦える時代は、
永遠に訪れないやろうね。
 
 
 
せっかく、W杯の直前になって、ようやくメディアがサッカーの情報を、
世間に投下し始め、サッカー熱が上がってきたかなと思ってた矢先に、
とびっきりの冷や水を浴びせることになってしまった、この試合。
 
しかも、試合後の会見で、岡田が、
「自分がW杯で監督を務めてもいいのか、と会長に尋ねた」
という、旨の発言をしたことに、さらに失望した。
 
この時期になって、そんなことを聞くのもどうかしてると思うし、
もし、そんなやり取りがあったとしても、公表する理由なんてどこにも無いと思う。
 
 
 
本当なら、この試合の後には、W杯向けてもっとポジテイヴなブログを
書きたかったんやけど、それができなくて残念やわ。
 
でも、もう後には引かれへん状況にまで来てるし、
今のチームを信じて応援するしかないんやろうね。
 

 
 
 
  にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを投稿