2010年5月31日

ハラキリサムライブルー

 
 
日本12イングランド
 
 
 
この試合で、決まった3点の得点者が全て日本人とは…
日本のCB2人の得点力は凄まじいな(笑)
 
もう、岡崎の1トップやめて、ボンバーと赤ちょんまげの2トップで
いいんとちゃう?
 
イングランドの選手からしてみれば、自分たちは得点してないのに、
日本の選手達がハラキリして負けてくれたぞ、って感じなんだろうか。
 
 
 
でも、オウンゴールのシーンを見返してみれば、
CBとGKの間でちゃんと声を掛け合っとけば、
防げる失点ではあったかと思うんよね。
 
ただ、この試合のGKの川島は、オウンゴールの2点のシーン以外は、
MOMの活躍やったから、一概に彼を責めることはできへん。
 
特に、ランパードのPKをストップしたシーンなんか、
代表の試合で久し振りに身震いしたわ。
 
ここのところ、ずっとGKは楢崎が出ずっぱりやったから、
CBとGKの連携が危ういのは、岡田が実践してきた、
固定メンバー制の弊害みたいなもんやし、こればっかりはしゃあないわ。
 
それにしても、CBのバックアッパーの件といい、
岡田には、もうちょっとこのへんのマネジメントをしっかりとしてほしいね。
 
 
 
攻撃陣に関しては、この日のイングランドが、あまり中盤から積極的にプレスを掛けずに、
CBのテリーとファーディナンドで、ボールを奪うって形やったから、
日本は中盤でボールがキープでき、韓国戦の時と比べると、
流れの中から何度かいい形は作れてたと思う。
 
まあ、日本の中盤は、アジアでも技術のある方やし、
ボールを持たせてもらえれば、イングランド相手と言えども、
ある程度いいプレーはできるしね。
 
ただ、いくら中盤でボールをキープできたところで、
1トップの岡崎1人で、テリーとファーディナンドという、
ワールドクラスのCB2人を相手にするのはあまりにも酷ってもん。
 
岡崎が、ドログバとかアデバヨールみたいなFWやったら、
話は別やけど…
 
まあ、試合の度にそんなことを言ってたら、話にならないので、
この試合に関して言えば、長谷部や遠藤あたりが、
もっと前線に飛び出して、岡崎をフォローしてほしかったかな。
 
 
 
あと、この試合の日本は4-3-3の布陣を敷いてきたけど、
これによって、遠藤のポジションが1つ前に上がり、
彼本来の持ち味が出せてたかなと思う。
 
まさか、南アフリカのピッチでも、これまでの代表戦の時と同じく、
守備に忙殺される遠藤を見ることになるのかなと思ってたけど、
この4-3-3の布陣をこれからも使うのであれば、その心配は無さそうやね。
 
ただ、この布陣だと、俊輔のポジションが無いんよな。
 
あえて言えば、3トップの右ってことになるんやけど、
この試合で、そのポジションに入った本田も、持ち味を出せてたとは言い難いし、
日本には、このポジションの適任者がいないっていうのが現状。
 
ガンバサポとしては、遠藤が持ち味を発揮できるポジション、
つまり4-3-3の左インサイドハーフで起用してほしい、という願望はあるけど、
もしかして、これは俊輔と遠藤を天秤にかけることなんかもしれへん。
 
次の、コートジボワールとの強化試合で、岡田がどういう布陣を敷いてくるかで、
今後の展開が読めそうな気がしなくもないけどね。
 
 
 
まあ、この日のイングランドは、プレスも緩くて、
本気で挑んできてるとは言い難かったけど、
ここ最近の日本の低調な戦いぶりを考えれば、強豪イングランド相手に、
善戦したってことで、メンタル面の回復に繋がるんとちゃうかな。
 
でも、前回のW杯みたく、本番前の強化試合で、ホスト国のドイツと善戦して、
その時がコンディションのピークだったなんて事になったら、
冗談でも笑えないから、今回はちゃんとグループステージ開幕戦の、
カメルーン戦にピークをもってきてほしいね。
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿